イベント

NHK 名演奏・名舞台を体感する8K上映イベント

202025日】

写真 1
BS8K

 NHKでは、BS8Kで1月から放送している8Kクラシック番組「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」を8K映像と22.2chサラウンド音響で“体感”できる8K上映イベントを実施する。
 この番組は、20世紀のクラシックの巨匠・バーンスタイン、クライバー、カラヤン、ベームの名演奏を、冷凍保存されていたオリジナルの35mmネガフィルムから、8K映像と22.2ch音響で復元したもの。このうち、バーンスタイン、クライバー、カラヤンの名演奏を8Kの大画面で上映する。
 8Kの超高精細映像と22.2chの立体音響により、伝説の名演奏を、あたかもヨーロッパの音楽ホールにいるかのような臨場感で、楽しむことができる。初日の2月19日には、メディア評論家の麻倉怜士氏による見どころ聴きどころ解説も行う。入場は無料だが、事前申込みが必要。
 イベントの概要は以下の通り。
 ▽期間:2月19日(水)~21日(金)
 ▽会場:iTSCOM スタジオ&ホール(東京都世田谷区玉川1―14―1)
 上映プログラム【2月19日(水)】午後7時15分~午後8時30分 見どころ聴きどころ解説:メディア評論家 麻倉怜士氏 
 ▽レナード・バーンスタイン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ほか、ベートーベン「交響曲第9番・合唱付き」(1979年9月 ウィーン国立歌劇場)
 【2月20日(木)】午後7時~午後8時30分 
 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 チャイコフスキー「交響曲第4番」、チャイコフスキー「交響曲第6番“悲愴”」(1973年12月 フィルハーモニー〈ベルリン〉)
 【2月21日(金)】午後7時~午後8時15分 カルロス・クライバー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 モーツァルト「交響曲第36番“リンツ”」、ブラームス「交響曲第2番」(1991年10月 ウィーン楽友協会大ホール)
 問合せはハローダイヤル 03―5777―8600 午前8時~午後10時(無休)まで。

イベント一覧へ  トップページへ