行政

「北海道アマチュア無線セミナー2016」 北海道総通局

【2016年11月11日】

写真
 イメージキャラクター「電波りようこ」と
 担当スタッフ

 総務省北海道総合通信局(中道正仁局長)は、平成28 年10 月23 日(日)、協同組合札幌卸センター(札幌市東区北6 条東3 丁目)で開催された「北海道アマチュア無線セミナー2016」に「電子申請・体験ブース」を出展した。
 総務省は、無線局免許手続きにおける利便性の向上を図るため電子申請の利用を推進しており、アマチュア無線局については、電子証明書を使用する必要がなくユーザID とパスワードを使用して簡単・便利に手続きができる電子申請・届出システム「Lite」の利用を推奨している。
 同セミナーは、一般社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)北海道地方本部が、北海道内のアマチュア無線の健全な発展と技術の向上を図り、広く一般の方々にアマチュア無線の魅力と社会的有用性について紹介するとともに、アマチュア無線愛好者への情報提供と交流の場として開催したもの。
 北海道はアマチュア無線局の電子申請率が低いことから、多くのアマチュア無線愛好者が集まるこの機会に「Lite」を体験し電子申請に対する理解を深めてもらうことを目的として、ブースによるPR を行った。
 当日は約240 名(主催者発表)が来場し、電波利用のイメージキャラクター「電波りようこ」(写真)のパネルが設置されているブースには、約70 名もの人々が立ち寄った。
 担当スタッフの説明を受けながら「新規ユーザ登録」や「再免許申請」の手続きをその場で体験した人々からは、「Lite」になって手続きが格段に便利になった」「画面の内容だけでなく、パソコンの細かな操作まで懇切丁寧に説明いただき良かった」といった感想や、「今後もこのようなPR を続けてほしい」という要望が寄せられた。
 また、電子申請のアンケートやクイズに回答したりすることで、電子申請に対する理解を深めていたようだ。
 北海道総合通信局では今後も、簡単・便利に無線局免許の手続きができる電子申請を一層普及させるため、周知活動に取り組んでいくこととしている。

行政一覧へ  トップページへ