行政

高市総務相が奈良県下で視察

【2016年11月28日】

写真
子供たちの意見を聴く高市総務大臣

 【奈良】高市早苗総務大臣は23日、総務省が平成28年度から取り組んでいるプログラミング教育の実証事業『若年層に対するプログラミング教育の普及促進』の実証校である奈良県奈良市の奈良女子大学付属中等教育学校を訪れ、ICTの活用状況などを視察した。
 プログラミング教育は、子供たちの論理的思考力や課題解決力を育てるとともに、ICTに関する基礎的な知識・スキルを身につけさせるものとして極めて重要で、同省では低コストかつ効果的な実施手法や指導者の育成方法などを、クラウドを活用しつつ実証を重ねることで、2020年の必須化に向けた取り組みを進めている。同日の視察では、同校の基盤整備や取り組み状況、今後の課題などを確認した。

行政一覧へ  トップページへ