行政

NHK/キー局BS、衛星事業者の認定手続きを進める 総務省

【2017年01月16日】

 総務省は1月11日、BS・東経110 度CS による4K・8K 実用放送の業務及び東経110 度CS による4K 試験放送の業務の認定について、電波監理審議会に諮問し、原案を適当とする旨の答申を受けた。総務省は、平成28 年9 月15 日から同年10 月17 日までの間、BS・東経110 度CS による4K・8K 実用放送の業務及び東経110 度CS による4K 試験放送の業務の認定申請を受け付けたところ、BS・東経110 度CS による4K・8K 実用放送の業務の認定申請については10 者から、東経110 度CS による4K 試験放送の業務の認定申請については1 者から認定申請があった。また、この申請受付期間に合わせて、日本放送協会(籾井勝人会長)から基幹放送普及計画(昭和63 年郵政省告示第660 号)に沿って、BS(右旋)による4K 実用放送の業務及びBS(左旋)による8K 実用放送の業務の認定申請があった。これらの各申請について、放送法(昭和25 年法律第132 号)第93 条第1 項等の規定に基づき審査を行い、認定することについて、電波監理審議会に諮問し、原案を適当とする旨の答申を受けたもの。

 ここで「BS・東経110度CSによる4K・8K実用放送の業務」とは、超高精細度テレビジョン放送(電波法施行規則〈昭和25年電波監理委員会規則第14号)第2条第1項第28号の3の2)に係る衛星基幹放送業務を指す。「東経110度CSによる4K試験放送の業務」とは超高精細度テレビジョン放送の試験放送に係る衛星基幹放送業務を指す。
 各申請について、放送法第93条第1項(日本放送協会については、放送法第24条の規定により読み替えて適用する放送法第93条第1項)等の規定に基づき審査を行った。
 今後、総務省においては、同日の電波監理審議会からの答申を踏まえ、認定の手続きを進める。
 総務省が公表した「認定することが適当と認められる者」の詳細は次の通り。
 ①超高精細度テレビジョン放送に係る衛星基幹放送業務の認定申請を行った者。a、BS放送用周波数(右旋円偏波の電波の周波数)のうち新たに生じる空き周波数(ア、基幹放送普及計画〈昭和63年郵政省告示第660号〉第1の1〈4〉エに規定する試験放送に係る衛星基幹放送の業務の用に供している周波数。
 イ、BS放送の既存の放送番組に係る当該放送の業務を廃止する旨〈本件申請の認定の日から起算して1年6月を経過する日までに廃止するものに限る。〉を届け出ているものに係る周波数その他当該認定の時点において、当該認定の日から起算して1年6月を経過する日の翌日以降、衛星基幹放送の業務の用に供していない周波数となることが確実な周波数。
 ここでの申請者、番組名、スロット数等(1トランスポンダあたり120スロットにつき、40スロットは1/3トランスポンダに相当)は次の通り。▽No・1ビーエス朝日、BS朝日、40スロット、4K▽No・2BSジャパン、BSジャパン、同▽No・3BS―TBS、BS―TBS 4K、同▽No・4BS日本、BS日テレ、同▽No・5ビーエスフジ、BSフジ、同▽No・6日本放送協会、NHK SHV 4K、同。
 b、BS放送用周波数(左旋円偏波の電波の周波数)のうち第8チャンネル、第12チャンネルまたは第14チャンネル。ここでの申請者、番組名、スロット数等(同)は次の通り。▽No・1SCサテライト放送(以下で記載する「c」での周波数を第2希望として申請しているが、第1希望の「b」で記載の周波数の指定が可能であることから、当該周波数において認定)、ショップチャンネル、40スロット、4K▽No・2QVCサテライト、QVC、同▽No・3東北新社、映画エンタテインメントチャンネル、同▽No・4WOWOW(「a」で記載の周波数を第1希望として申請しているが、既存の2K放送の帯域の一部返上を行う等の特定申請ではなく、当該周波数に指定できる周波数がないことから、第2希望の「b」で記載の周波数において認定)、WOWOW、同▽No・5日本放送協会、NHK SHV 8K、120スロット、8K。
 c、東経110度CS放送用周波数(左旋円偏波の電波の周波数)のうちチャンネル番号ND9、ND11、ND19、ND21またはND23。ここではNo・1~No・8は申請者がスカパー・エンターテイメント、番組名はNo・1~No・8でスカチャン4K 1~8の順。スロット数等(1トランスポンダあたり120スロットにつき、60スロットは1/2トランスポンダに相当)は各60スロット、4K。
 ②超高精細度テレビジョン放送の試験放送に係る衛星基幹放送業務の認定申請を行った者(東経110度CS放送用周波数〈左旋円偏波の電波の周波数〉のうちチャンネル番号ND23)は、申請者、番組名、スロット数(1トランスポンダあたり120スロットにつき、60スロットは1/2トランスポンダに相当)の順。▽No・1一般社団法人放送サービス高度化推進協会、A―PAB試験放送、60スロット、4K。

行政一覧へ  トップページへ