行政

「サイバーセキュリティタスクフォース」開催 総務省

【2017年01月23日】

 総務省は、「IoTサイバーセキュリティ アクションプログラム2017」を踏まえ、IoT/AI時代のサイバーセキュリティの確保を強力に進めることを目的として、「サイバーセキュリティタスクフォース」を開催する。
 あらゆるものがインターネット等のネットワークに接続されるIoT/AI時代が到来し、それらに対するサイバーセキュリティの確保は、安心安全な国民生活や、社会経済活動確保の観点から極めて重要な課題だ。
 そこで、総務省は、「IoTサイバーセキュリティ アクションプログラム2017」を踏まえて、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を3年半後に控え、IoT/AI時代を見据えたサイバーセキュリティに係る課題を整理するとともに、情報通信分野において講ずべき対策や既存の取り組みの改善など幅広い観点から検討を行い、必要な方策を推進することを目的として、サイバーセキュリティタスクフォースを開催する。
 議題は①IoT/AI時代のサイバーセキュリティを支える基盤・制度
    ②IoT/AI時代のサイバーセキュリティを担う人材育成
    ③IoT/AI時代のサイバーセキュリティ確保に向けた国際連携―等。
 平成29年1月30日に第1回会合を開催し、以降、随時開催の予定。

行政一覧へ  トップページへ