行政

400MHz帯災害対策用可搬型無線システム高度化 総務省

【2017年01月25日】

 総務省は、400MHz帯災害対策用可搬型無線システムの高度化等を図るため、電波法関係審査基準(平成13年総務省訓令第67号)の一部を改正する訓令案を作成し、平成28年11月26日から同年12月26日までの間意見募集を行ったところ、2件の意見の提出があり、提出意見及びそれに対する総務省の考え方を公表した。
 総務省では、災害時における通信の利便性向上及び多様な通信手段を確保するために必要となる400MHz帯災害対策用可搬型無線システムの高度化等に係る技術的条件について、平成28年1月22日に情報通信審議会から一部答申を受け、また、当該答申内容に基づく省令改正案について同年3月23日に電波監理審議会から答申を受け、同年4月27日に無線設備規則(昭和25年電波監理委員会規則第18号)の一部改正を行ったところだ。
 これを踏まえ、高度化された400MHz帯災害対策用可搬型無線システムの導入に当たり、当該システムの電波法令に基づく許認可等に係る審査基準を整備するため、電波法関係審査基準の一部改正案を作成し意見募集を行った。
 今後、意見募集の結果を踏まえ、速やかに訓令の改正を行う。

行政一覧へ  トップページへ