行政

BS・東経110度CSによる4K・8K実用放送業務認定を実施 総務省

【2017年01月30日】

 総務省は、BS・東経110度CSによる4K・8K実用放送の業務及び東経110度CSによる4K試験放送の業務の認定を行った。
 総務省は1月24日、今年1月11日の電波監理審議会からの答申を踏まえ、BS・東経110度CSによる4K・8K実用放送の業務及び東経110度CSによる4K試験放送の業務の認定をし、認定を受けた者の代表者に対し認定証を交付した。
 ここで「BS・東経110度CSによる4K・8K実用放送の業務」とは超高精細度テレビジョン放送(電波法施行規則(昭和25年電波監理委員会規則第14号)第2条第1項第28号の3の2)に係る衛星基幹放送業務を、「東経110度CSによる4K試験放送の業務」とは超高精細度テレビジョン放送の試験放送に係る衛星基幹放送業務を指す。

行政一覧へ  トップページへ