行政

IoTサービス創出支援事業で委託先候補を決定 総務省

【2017年03月03日】

 総務省は、IoTサービス創出支援事業(平成28年度第2次補正予算)に係る提案の公募を行い、外部有識者による評価を踏まえ、委託先候補を決定した。
 この事業は、情報通信審議会の「IoT/ビッグデータ時代に向けた新たな情報通信政策の在り方について 第二次中間答申」(28年7月7日)において提言された、データ利活用を促進するモデルを構築するとともに、必要なルールの明確化等を行うことを目的とした事業。
 具体的には、地方公共団体、大学、ユーザー企業等から成る地域の主体が、生活に身近な分野におけるIoTサービスの実証事業に取り組み、克服すべき課題を特定し、その解決に資するリファレンス(参照)モデルを構築するとともに、データ利活用の促進等に必要なルールの明確化等を行うもの。
 「IoTサービス創出支援事業の評価に関する会合」における評価を踏まえ、次の17件を委託先候補として決定した(代表提案者、事業名、実施地域の順に記載)。
 ▽NECソリューションイノベータ、地域を網羅する賢いバス停による見守りサービス事業の創出と展開、石川県野々市市▽ピクセラ、爾後取付け式IoTシステムを用いた民泊向けIoTサービスの実証事業、大阪府泉佐野市▽徳島県美波町〝止まらない通信網〟を活用した命をつなぐ減災推進事業、徳島県海部郡美波町日和佐地区▽エイビット、IoT・AIを活用したリアルタイムハザードマップの作成と行動支援情報の提供モデル実証事業、東京都八王子市▽ミサワホーム総合研究所、地震情報・被災度情報によるビッグデータを活用した防災ネットワークシステムのモデル事業、徳島県内(40ヵ所)▽次世代宇宙システム技術研究組合、地方企業参加による防災・広域巨大災害対策、紀伊半島沿岸地域(和歌山県和歌山市、和歌山県那智勝浦町、和歌山県田辺市、奈良県十津川村)▽カナミックネットワーク、医療・介護データを活用した介護サービス及び業務支援モデル事業、千葉県柏市、千葉県千葉市、千葉県船橋市、東京都大田区、東京都板橋区、神奈川県藤沢市、埼玉県越谷市 ▽母子健康手帳データ化推進協議会、スマートキッズCity 〝YAOCCO〟―成長への切れ目のない支援事業、大阪府八尾市▽社会医療法人春回会井上病院、IoTを活用した睡眠時無呼吸症候群スクリーニングの実証検証、長崎県長崎市およびその近郊地域▽一般社団法人子供教育創造機構、高専IoTネットワークを活用した地域IoTデータの取得、教育を主とした小規模自治体利活用モデルの実証事業、熊本県阿蘇郡南小国町、埼玉県秩父郡横瀬町▽エーティーエルシステムズ、子どもの運動習慣データを基盤としたスマート運動教育モデル事業、神奈川県鎌倉市▽信州大学経法学部、IoTを活用した地域ブランド創出スキームの構築~千曲川ワインバレー特区におけるワインの地理的表示取得に向けて~、長野県、千曲川ワインバレー特区(長野県上田市、長野県小諸市、長野県千曲市、長野県東御市、長野県立科町、長野県青木村、長野県長和町、長野県坂城町)▽国立大学法人愛媛大学、海洋物理モデルと海況4Dビッグデータを活用した水産業支援、〝IoT海況予測サービス〟の創出、愛媛県西宇和郡伊方町、愛媛県八幡浜市、愛媛県西予市、愛媛県宇和島市、愛媛県南宇和郡愛南町▽東レ建設、地域雇用創出を実現する〝シェアリング農業〟モデルの構築、京都府相楽郡精華町、大阪府四条畷市、千葉県君津市▽ガイアックス、デジタル身分証とスマートロックを利用した自治体スペースシェア、秋田県湯沢市▽LOOP Japan、電動バイク・アシスト自転車のシェアリングサービスによる観光振興と地域活性化、神奈川県鎌倉市▽トラストパーク、シェアリングエコノミー型九州周遊観光サービスモデル事業、熊本県阿蘇市、熊本県球磨郡錦町、長崎県島原市、長崎県東彼杵郡川棚町。

行政一覧へ  トップページへ