行政

BS等4K・8K放送の視聴に関するお知らせ 総務省

【2017年03月06日】

 総務省は3月1日、BS等4K・8K放送の視聴に関するお知らせを公表した。平成30年12月から実用放送が開始される衛星基幹放送による超高精細度テレビジョン放送(BS等4K・8K放送)を、現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビで視聴するためには、実用放送開始にあわせて発売予定の外付けチューナー等の機器が別途必要となる―と呼びかけた。
 総務省は昨年6月、「現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビによるBS等4K・8K放送の視聴に関するお知らせ」を発表した。そして、1月に決定したBS等4K・8K放送を行う事業者情報や、当該放送の視聴方法等に関する最新の情報を反映したリーフレット(制作:一般社団法人放送サービス高度化推進協会、監修:総務省、経済産業省)が完成したことから視聴に関する詳細を広く周知する考えだ。
 総務省では今後も、BS等4K・8K放送の受信機に関する情報や、視聴方法等の周知啓発について、関係団体と連携・協力して進めていく。

行政一覧へ  トップページへ