行政

「電波のルールを遵守せよ」29年度電波利用環境保護周知啓発強化期間 総務省

【2017年06月05日】

写真
▲ 電波利用環境保護活動用ポスター

 総務省は「電波のルールを遵守せよ」をキャッチフレーズに、6月1日(木) から同年6月10日(土)までを電波利用環境保護周知啓発強化期間として、電波利用環境保護に関する周知・啓発活動を集中的・重点的に行っている。
 また、6月中の1ヵ月間は、不法無線局の取締りを強化する期間として、良好な電波利用環境の整備を推進している。
 6月1日は「電波の日」。「電波の日」は、昭和25年(1950年)に電波法、放送法及び電波監理委員会設置法が施行され、それまで政府専掌であった電波の利用が広く国民に開放されたことを記念して設けられた。
 主な周知・啓発活動は▽各種新聞への広告掲載▽公共交通機関、駅等へのポスターの掲出▽関係団体等に対してポスター及びリーフレットの配布▽全国の総合通信局(沖縄総合通信事務所を含む)において電波教室などの周知啓発活動等を開催。
 また、不法無線局対策の強化を6月1日(木)から同年6月30日(金)まで実施。取締り強化期間として重点的に不法無線局の取締りを行う。
 協力省庁及び団体(順不同)は次の通り。
 警察庁、法務省、農林水産省、国土交通省、観光庁、環境省、海上保安庁、受信環境クリーン中央協議会、一般社団法人全国陸上無線協会、一般社団法人全国自動車無線連合会、一般社団法人全国漁業無線協会、一般社団法人全国船舶無線協会、一般社団法人日本アマチュア無線連盟、一般財団法人日本ラジコン電波安全協会、モータースポーツ無線協会、公益社団法人全日本トラック協会、公益社団法人全国産業廃棄物連合会及び日本郵政。

行政一覧へ  トップページへ