行政

BS放送局設備改修で注意喚起 総務省

2018411日】

 総務省は、新4K8K衛星放送開始に向けたBS放送局の設備改修に伴い注意喚起を行っている。12月1日より「新4K8K衛星放送」が開始されることから、4月から5月にかけてBS放送局の設備改修が行われる。そのため、設備改修が行われるBSチャンネルについて、一時的にそのチャンネルの画面が表示されなくなることや予約していた番組が録画されないことがある。特に予約録画に関しては、メーカー等が公表する情報を良く確認のうえ、対象の機器を使用の場合には予約の再設定等をしてほしい―としている。なお、設備改修のないBSチャンネルや地上デジタルテレビジョン放送(地デジ)の予約録画には影響がない。
##本文
 12月1日よりBSと東経110度CSによる「新4K8K衛星放送」が開始される。この開始に向けて、既存のBS放送局について設備改修が行われる。その際、設備改修が行われるBSチャンネルについて、改修作業の実施日以降、一時的にそのチャンネルの画面が表示されなくなることや、予約していた番組が録画されない場合がある。
 そこで、BS放送の視聴者においては、BSチャンネルの設備改修実施日以降に、テレビやレコーダーのメーカーや一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A―PAB)が公表する情報等をよく確認のうえ、対象の機器を使用の場合には機器ごとに予約の再設定などの対処を行ってほしい―としている。
 詳しくは、新4K8K衛星放送コールセンター(BS右旋の帯域再編)フリーダイヤル0120・48・0004(運用時間は平日9時~17時)まで問い合わせる。
 また、この影響は、ケーブルテレビを利用してBSチャンネルを視聴している人も対象になる。具体的な対処の方法は同じだが、不明な点があれば、加入しているケーブルテレビ事業者に問い合わせる。
 各BS放送局の設備改修の実施日時は次の通り。▽BSジャパン=4月16日(月)00・00~06・00▽NHK(BSプレミアム)=5月8日(火)00・00~06・00▽
ディズニー・チャンネル=5月22日(火)00・00~06・00▽BSアニマックス=同▽スターチャンネル2=5月28日(月)00・00~08・00▽スターチャンネル3=5月27日(日)23・30~5月28日(月)08・00。
 具体的な対処方法は次の2点。①これら作業実施日以降、一部のBSチャンネルが視聴できなくなった場合=BS放送が受信できる状態で、設備改修のないチャンネルを選局した後、30秒以上視聴してから、元のBSチャンネルを選局する(例:BSのワンタッチボタンの1を押してNHKのBS1を選局し、30秒以上待つ。その後、視聴したいチャンネルを選局する)②これら作業実施日以降の予約録画について=使用しているテレビやレコーダーのメーカーがホームページ等で発表する情報を参照のうえ、対処が必要な機種を使用している場合は機器ごとに予約の再設定などの対処を行う。

行政一覧へ  トップページへ