行政

「Web×IoTメイカーズチャレンジ横須賀」参加者募集

20181016日】

 総務省関東総合通信局(黒瀬泰平局長)は、開発者を目指す若者を対象とした「Web×IoT メイカーズチャレンジ2018―19 in 横須賀」を開催する。同イベントの参加者を募集している。
 同イベントの主催は、総務省関東総合通信局、Web×IoT メイカーズチャレンジ横須賀運営委員会。 後援はスマートIoT推進フォーラム、横須賀市IoT推進ラボ。協力は防衛大学校、電気通信大学、関東学院大学、ステップ、日本ノーベル、京浜急行電鉄、ジェイコム湘南、横須賀テレコムリサーチパーク、横須賀市、横須賀商工会議所、ヨコスカバレー構想実現委員会、国立研究開発法人情報通信研究機構、電波タイムス社。
 「ハンズオン講習会」は11月17日(土)から18日(日)まで開かれる(会場はYRPセンター1番館会議室1、神奈川県横須賀市光の丘3―4)。「ハッカソン」は12月8日(土)から9日(日)まで開かれる(会場は横須賀市産業交流プラザ第1研修室、神奈川県横須賀市本町3―27 ベイスクエアよこすか一番館3階)。なお、全日程の参加が必須となる。
 同イベントは、IoT機器等の電波利用システムの適正利用のためのICT人材育成事業として、IoT機器・サービスの開発を行う若者等の電波利用に関するリテラシー向上を目的とした、IoTに関する理解度・習熟度向上のためのスキルアップイベント「Web×IoT メイカーズチャレンジ2018―19」の全国各地で開催するイベントのひとつ。
 同イベントは、電波リテラシーを含むIoTの基礎知識・技能を習得するためのハンズオン講習会と、その習得技能を活用した成果発表としてチームでIoT作品のプロトタイプを創作するハッカソンの二本立てで構成されるIoT体験型カリキュラムとなっている。
 なお、各地の最優秀チームは、2019年3月頃(日程未定)に東京都内近郊で開催予定の展示会(昨年度はスマートIoT推進フォーラム総会)への招待と作品展示の機会が提供される。特に横須賀では、スマートモビリティをテーマとする作品から優れた作品1件に「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2019」のアイデアコンテスト本選(2019年1月24日〈木〉、横須賀リサーチパーク〈略称:YRP〉にて開催)への参加権が付与される。
 応募資格は、基本的に学生/社会人問わず学習意欲のある人、持ち込みノートPC(WindowsまたはMac)の準備ができる人、プログラミングに興味を持つ人で、ハンズオン講習会(2日間)及びハッカソン(2日間)の計4日間に参加できる人。
 定員は50名程度。参加費は無料。
 参加特典は次の通り。▽最優秀チームには、2019年3月頃に東京都内近郊で開催予定の展示会への招待と作品展示の機会を提供▽スマートモビリティをテーマとする作品から優れた作品1件に「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2019」のアイデアコンテスト本選への参加権が付与▽参加全チーム向けにスポンサー各賞の配置を予定▽ハッカソンにおいて作品制作にかかる材料費(チームあたり最大2万円〈税込〉)の補助あり▽イベント参加者には修了証を授与▽横須賀リサーチパーク(YRP)にて研究現場の視察体験学習を予定(無線歴史展示室/LPWAテストベッド見学)。
 応募方法は参加者募集サイト(https://webiotmakers.connpass.com/event/100721/)から申し込む。
 運営事務局・問い合わせ先は、Web×IoTメイカーズチャレンジ横須賀運営委員会事務局 info-webiot-yokosuka@boole.co.jp
 Web×IoT メイカーズチャレンジのポータルサイト https://webiotmakers.github.io/

行政一覧へ  トップページへ