放送コンテンツ

日本テレビ 番組連動データ放送 放送中にもCHARiNポイント獲得

【2016年08月05日】

 日本テレビ放送網は、HAROiD(東京都港区、安藤聖泰社長)のポイントシステム「CHARiN」を活用し、7月30日(土)深夜放送の「SENSORS」、「エンドライド」(いずれも関東ローカル放送)で、番組連動データ放送を開始したと発表した。
 日本テレビでは現在、番組非連動データ放送として、1日1回ルーレットを回すと出た目のポイントがもらえる、「CHARiNポイントブック」を実施している。
 今回、番組連動データ放送が開始することで、番組放送中にもCHARiNポイントを獲得できるようになります。
 ポイント獲得方法は、
 ①CHARiNポイント対応番組放送中に、テレビリモコンのdボタンを押す、
 ②番組連動データ放送上に表示される二次元バーコードを、スマートフォンで読み取り、「CHARiN TV」専用ページへアクセスする、
 ③HAROiDアカウントでログイン/新規登録(ログイン済みの端末には表示されない)、
 ④番組企画ごとのCHARiNポイントを獲得(ポイントの獲得は番組放送中のみ可能)。
 「SENSORS」、「エンドライド」では、1回の放送で50CHARiNポイントを獲得できます。CHARiNポイントをためることで、「CHARiN TV」サイト(https://www.charin.tv)に用意される、様々なプレゼントに応募することが可能になる。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ