放送コンテンツ

グラスバレー IBC出展 4K対応カメラなど製品群を紹介 グラスバレー

【2016年09月05日】

写真
    ▲カメラシステム「LDX 86N」

 米Grass Valleyは、来る2016年9月9日(金)から13日(火)にオランダ アムステルダムRAIで開催される放送機器展「IBC 2016」に出展する。(1・D11)
 主な展示内容は以下の通り。
 【キー・ハイラト】
 ▽Glass―to―Glass IP solution:Grass Valley独自の“Glass―to―Glass”アプローチは、制作や送出アプリケーションで利用される様々な製品をIP接続することで、エンドtoエンドのトータルソリューシンョを実現。COTS IPスイッチやSDNコントロールといった実績のあるIT技術を活用し、それらと既存のベースバンド融合させることで放送オペレーションに最大限の柔軟性をもたらす。
 ▽ブロードキャストデータセンター:GV NodeリアルタイムIPプロセッシングノードとGV Convergent IP対応ルータコントロ対応ルーターコントロールシステムを中心とした新たな放送インフラの概念。
 ▽AIMS:IPへの移行を確実かつスムーズに行うためにGrass Valleyでは、IPシステムのメーカー間のインターオペラビリティを保つためのアライアンスであるAIMSにも立ち上げメンバーとして参画、共通IPフォーマット確立のためのロードマップ作成に協力している。
    ◇
 【製品ハイライト】
 ▽カメラシステム「LDX 86N」:新開発の UHD(3840×2160)3CMOSセンサーを搭載した「LDX 86」シリーズの最新システムカメラ。2/3インチB4レンズマウントを持ち、HD/3G、HD 3倍速/6倍速、4Kにネイティブ対応、DPMテクノロジーにより従来と同等のHD/3Gパフォーマンスを実現する。SMPTE ST 2084(PQ)とHLGの両HDR方式や、ITU―R Rec.BT.2020色域をサポートし、「LDX 86」シリーズと同様にSMPTE―6 IP対応ベーステションやソフトウェアアップグレードが利用可能。
 ▽ビデオプロダクションセンター「GV Korona K―Frame
S―series」:新たにラインナップされた小・中規模プロダクション向けコントロールパネル「GV Korona」により、従来の「Kayak」と同等の設置スペースで4K制作に対応することが可能。
 ▽インテグレーテッドプレイアウト「iTX On―Demand」:ビデオオンデマンドのコンテンツのパッケージ化を効率化する新しいソリューション。
 ▽「GV Node」:リアルタイムのIPプロセッシングとルーティングが可能なSDIとIP SMPTE2022―6双方のブランキングスイッチに対応したルーティングプットフォーム。
 ▽「GV Convergent」:COTS IPスイッチとSDN技術を採用した新世代のルーターコントロールシステムで、SDIルーティングスイッチャーのコントロールパネルを使用してIPとSDI双方のルーティングを可能にする。
 ▽「EDIUS 8・22」:プライマリーカラーコレクション機能がより強化され、GPUによる高速化や、対応するカメラLOGの種類を追加するとともに、より多くのLOGデータに対応するためにカスタムLUTファイルのインポートに対応する。
    ◇
 【編集・送出用サーバー】
 ▽「K2 Summit 3G」:マルチフォーマット、マルチコーデックに対応した最新世代のビデオサーバー。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ