放送コンテンツ

8K3D映像&22.2ch立体音響を出展 NHKエンタープライズ&NHKメディアテクノロジー

【2016年09月16日】

写真
       8K:VR映像

 NHKエンタープライズ(NEP)とNHKメディアテクノロジー(MT)は、2016年10月27日(木)~30日(日)に開催される「デジタルコンテンツEXPO 2016」に、8K3D映像&22・2ch立体音響による「8K:VRシアター」を出展すると発表した。
 人気のロックバンド・サカナクションと全面的にコラボレーションし、今年3月「SXSW2016(サウス・バイ・サウスウエスト)」にも出展した、世界初の8K:VR作品「Aoi―碧―サカナクション」を初めて一般公開する。同作品は、NEPとMTが共同で手掛け、最新鋭のデジタルメディア技術・8K3D映像&22・2ch 立体音響を駆使した、世界初の8K:VR作品となる。立体映像にも出演しているサカナクションの楽曲「Aoi(2013年度NHKサッカー放送テーマ曲)」を、気鋭のサウンドアーティストのevalaとMT技術陣がタッグを組み、22・2ch立体音響で再構築した。270インチの大画面、ハイビジョン解像度の16倍もの高精細3D映像、大迫力の立体サラウンド音響、レーザー照明演出を組み合わせて、ヘッドマウントディスプレイを使わずに、等身大のサカナクションが目の前でライブを繰り広げる、シアター型のVR体験を実現できる。2016年は、オリンピックなどスポーツに関心が集まる年だが、スポーツ観戦は臨場感が高まることで、さらに魅力が増す。「デジタルコンテンツEXPO 2016」では、“スポーツコンテンツを100倍おもしろくする超臨場感映像技術展(スポコン技術展)”と題し、スポーツ観戦への応用が期待される次世代型シアターとして、「8K:VRシアター」が選定されたもの。
 8K映像は、現行のハイビジョンテレビ(約200万画素)を、縦・横ともに密度を4倍に引き上げ、3300万画素で記録する映像規格。人間の網膜の密度に近づくため、実物と映像の区別がつかなくなる究極の映像と言われている。今回の“8K:VRシアター”では、右目・左目用に2つの8K映像を投射。映画館の3D作品とくらべても遥かに高解像度で、別次元の映像体験ができる。
 MTは過去20年以上にわたり3D映像制作を続けてきた実績がある。その豊富なノウハウを活かし、今回の作品制作でも、立体設計・撮影・3D 装置開発・ポスプロ・上映など、技術ワークフロー全体を担当した。  また、22・2ch立体音響では、24台のスピーカーを“8K:VRシアター”の上下・前後・左右に配置し、全身が音に包まれる体験が可能になる。スピーカーから出る音はそれぞれ個別にコントロール可能で、映像の臨場感を膨らませ、これまでにない音楽体験をつくり出すことができるという。
    ◇
 8K:VRシアター「Aoi―碧―サカナクション」 の出展概要は以下の通り。
 ■「デジタルコンテンツEXPO 2016」スポコン技術展
 ▽日時:2016年10月27日(木)~30日(日)10:00~17:00
 ▽会場:日本科学未来館(東京都江東区青海2―3―6)
 ▽主催:経済産業省、一般財団法人デジタルコンテンツ協会
 ▽共催:日本科学未来館
 ▽料金:入場無料(※一部プログラムは有料となる。日本科学未来館の展示施設への入場は有料)

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ