放送コンテンツ

鹿児島テレビ・静岡第一テレビから4Kカメラ受注 池上通信機

【2016年09月26日】

写真

 池上通信機は9月13日、鹿児島テレビ放送、静岡第一テレビより、2/3型4K CMOS 3板式カメラシステムUHK―430=写真=を受注したと発表した。鹿児島テレビ放送、静岡第一テレビともに、将来の4K運用を見据えたHDスタジオカメラとして、2/3型4K CMOSセンサ3板式の光学系を搭載し、既存のHDカメラと同等の運用性を誇るUHK―430を採用した。今回の受注では、高画質4K CMOSセンサが生み出す高精細かつ3板式による高品質な色再現性を実現した4K/HD映像に加え、運用性を重視した人間工学に基づく機構デザインが高く評価された。実際の運用でも、その特長が大いに発揮されることが期待されている。池上通信機では、これから国内外で実運用が進む4K映像市場に対し、製品のラインアップとソリューションの拡充を進め、積極的に販売活動を展開していく。
 「UNICAM XE UHK―430」は、2/3 3型 4K CMOSセンサ3板式の光学系を搭載し、Native4Kの高精細と3板式による高品質な色再現を実現した4K/HDマルチフォーマットシステムカメラ。現行の放送現場で広く使われている2/3型センサとB4レンズマウントを採用し、既存のHDレンズが使用可能。深い被写界深度に加え、使い慣れたHDカメラと同様の運用性で、4K映像制作を実現する。新開発のカメラコントロールユニット(CCU)「CCU―430」とカメラの間の伝送路は40Gbpsの超広帯域を確保し、2/3型4K CMOSセンサ3板式のカメラとしては世界初のR:G:B 4:4:4の4K非圧縮信号伝送を実現した。高倍率大型レンズを取付け可能なシステムエクスパンダ「SE―U430」も新開発し、スタジオでの番組制作やスタジアムでの中継に最適な周辺機器を用意している。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ