放送コンテンツ

2016年「年次大会」開催 映像メディア学会

【2016年09月30日】

写真
      ▲ 年次総会の模様
写真
     ▲ 8K試験放送受信デモ

 一般社団法人映像情報メディア学会(ITE、高畑文雄会長)は、「2016年 年次大会」を8月31日(水)~9月2日(金)の3日間、三重大学の工学部講義棟(三重県津市)で開催した。注目されるキーワードに関わる講演を集めて、発表に関する密度の高い質疑が行える特集テーマ講演を多数用意、延べ1197名が参加した。熱心に聞き入りメモをとる人が多く、活発な質疑応答なども行われた。また、NHKや地元のケーブルテレビ局が取材に来るなど、注目の高まりを示していた。

 初日の8月31日(水)にはチュートリアルに画像符号化、メディア処理 基礎、放送方式について発表されたほか、シンポジウムが2件開催された。チュートリアルは「4K/8K放送サービスを可能にするARIB標準規格と運用基準~スタジオ編」をテーマに、映像、音声、インターフェースの規格などが紹介された。シンポジウム1「ついに始まった世界初の8K衛星試験放送」では、8月1日に始まった世界初の8K衛星試験放送の全体像、および新しい放送を支える制作・送出・受信機などの各種最新技術や機器、設備に関して、実際に開発や実用化に携わった関係者が、8Kの現状とその将来について議論した。また、NHKの増原一衛氏が「8K試験放送に向けた開発と整備」として、8Kフォーマット特徴を概説し、開発・整備してきた番組制作設備や、送信・受信などを含めた送出設備の概要を説明した。シンポジウム2「VR技術の進歩が映像サービスにもたらすインパクト」では、研究、メーカー、サービス(放送、通信)にわたるそれぞれの切り口から、最新の技術トレンド・研究開発動向の紹介を行い、2020年に向けたサービスイメージ・利用シーンを踏まえた新規創出市場の展望を行った。中京テレビの川本哲也が「デジタルチルドレンのためのVRシステムの開発~中京テレビ放送の取り組み~」と題し、特に子供向けのVRエンターテイメントシステムについて開発運用事例を紹介した。
 2日目の9月1日(木)には、大会全体セッションが開催された。まず、ITE 会長の高畑文雄氏(早稲田大学理工学術院 教授)が挨拶し、次いで三重県 知事の鈴木英敬氏が挨拶した。続いて特別講演としてJR東海 特別顧問の松本正之氏(元NHK会長)が「放送メディアを活用した観光開発と地方創生」について講演した。観光、映像メディア、鉄道、そして地方創生など、お互いの強い結び付きについて語り、多くの聴講者を集めていた。
 この他、SET(ブラジルテレビ放送技術協会)特別講演として、ブラジルの有料テレビ局であるGlobosat Lourenco Carvano氏が、ブラジルのテレビの歴史やリオ五輪放送などについて報告した。テーマ別ではメディア処理 基礎やセンシングなどの報告があり、シンポジウムも開催された。シンポジウム3「ネットワーク時代における映像情報メディアの役割と今後~IoTを中心に~」では、デジタル革命により、大きく変化したものづくり。今後、工学系の技術者はどこへ向かって何をしていけば良いのかについて熱く議論が交わされた。
 3日目の9月2日(金)には、テーマ別では、放送方式やスポーツ科学応用、メディア処理 応用、CG、立体映像などについて報告された。また、The Korean Institute of Broadcast and Media Engineers(KIBME)招待講演として、KIBMEのSung―Hoon Kim氏が、韓国における地上波UHDおよびR&Dの動向などについて講演した。
 シンポジウム4「映像情報を用いた物体追跡技術の最前線とスポーツ科学への応用動向」では、映像情報を用いた物体追跡技術の最新事例、処理精度向上を可能とする撮影技術、競技現場や放送コンテンツへの応用事例の紹介を通じ、映像情報処理とスポーツ科学との連携、およびその可能性などが紹介された。
 今回のデモ展示は3件だが、いずれも現在注目されているテーマであり、多くの人を集めていた。NHK放送技術研究所は、シャープ製の85型8Kモニタを設置し、8K試験放送受信デモを実施した。高精細で美しい画像に多くの人が見入っていた。HTC NIPPONは、自社のVRヘッドマウントディスプレイ「HTC VIVE」を用いて『想像を超えたVRを体験しよう』を実施した。「HTC VIVE」を装着し、その画像のリアルさに驚いたり、動き回ったりして楽しんでいた。この他、ミライトはデジタル情報スタンド「PONTANA」を設置した。
                           ◇
 今回の年次大会は、合計で1197名が参加した。また、NHK 津放送局や地元のケーブルテレビ局であるZTV(ゼットティヴィ)が取材に訪れた。年次大会の模様はニュース番組などで流された。
 2016年映像情報メディア学会冬季大会は、2016年12月21日 (水)~22日(木)に、東京理科大学 森戸記念館(東京都新宿区)で開催される。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ