放送コンテンツ

事業収支差金は263億円 NHK 上期経営状況

【2016年11月25日】

 NHKは、平成28年度上半期の経営状況(上半期営業業績および中間決算)を発表した。
 発表によると、受信料収入は、28年度予算(6758億円)に対して進捗率50・1%、前年同期(3316億円)を70億円上回る3387億円を確保した。契約総数の増加は35万3000件で、年間計画の50万件に対する進捗率は70・7%となった。累計の契約総数は4013万件。衛星放送の増加は40万7000件で、年間計画63万件に対する進捗率は64・5%、累計の契約総数は1990万件となっている。
 平成27年度上半期の契約総数は31万8000件で3万5000件上回った。衛星契約は43万2000件で、2万5000件下回った。なお、27年度上半期の進捗率は、契約総数が62・4%、衛星契約が71・9%
 28年度上期の事業収入は、受信料が好調で3561億円となり、28年度予算に対して進捗率は50・8%。事業支出は効率的な事業運営などにより、3298億円となり、事業収支差金は263億円。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ