放送コンテンツ

NHK会長に上田良一氏 NHK

【2016年12月09日】

写真
上田良一氏

 NHK経営委員会は、6日、2017年1月24日に任期満了となるNHKの籾井勝人会長の後任に、NHK経営委員の上田良一氏を任命することを決定した。
 新しい会長の人事を検討する「指名部会」に続いて経営委員会を開き、籾井会長の後任人事について協議した。その結果、元三菱商事副社長でNHK経営委員の上田良一氏を新しい会長に任命することを決めたもの。
 上田氏は、67歳。昭和48年に一橋大学を卒業したあと、三菱商事に入社し、米国三菱商事社長や、本社のCFO(最高財務責任者)、副社長などを歴任した。そして、平成25年6月にNHKの常勤の経営委員に就任し、翌月23日からは監査委員も務めていた。上田氏のNHK会長としての任期は、2017年1月25日から3年間となる。また、籾井勝人会長は、任期満了により2017年1月24日をもって退任となる。
 上田氏は「重い職責に身の引き締まる思いだ。私は平成25年6月に常勤の経営委員会委員に就任し、同年7月に監査委員を兼務した。3年半、NHKに務めているが、経営委員に就任して以来、国民のみなさまに信頼される公共放送としてのNHKの公正かつ効率的な業務遂行はいかにあるかを念頭に置いて、執行部との適切な緊張関係のもと、ともに、より良い経営を目指すという思いで職務を執行してきた。経営委員から会長に立場は変わっても、みなさまに信頼される公共放送としての役割をしっかり果たしてまいりたい」とコメントしている。
 上田良一(うえだ・りょういち)一橋大学法学部卒。昭和48年、三菱商事入社。平成15年、常務執行役員。平成18年、米州統括兼北米CRO兼米国三菱商事社長。平成22年、副社長執行役員、コーポレート担当役員(CFO)。平成25年6月にNHK経営委員会委員(常勤)に就任し、同年7月には、NHK監査委員(常勤)を務める。  長崎県出身。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ