放送コンテンツ

東京タワー来塔1億8000万人達成

2018219日】

写真 1
前田伸社長

写真 2
くす玉割りの模様

写真 3
東京タワーをバックに記念撮影(中央がワヒュー氏)

東京タワー(日本電波塔)は、1月25日、来塔1億8000万人を達成した。
 東京タワーは、1958年12月23日に営業を開始、67年に特別展望台(250㍍)をオープンした。71年に来塔者数5000万人を記録し、その後、89年来塔者数1億人、2006年来塔者数1億5000万人と順調に推移していた。このほど、来塔者数が1億8000万人を記録したもの。
 同日には東京タワーで記念式典が開催された。1億8000万人目となったのは、インドネシア・スマラン市から初来日したワヒュー・プリヨ氏および、仕事仲間のノビアント・クルニアワン氏と露久保貴之(つゆくぼ・たかゆき)氏の3名。
 まず、主催者を代表して日本電波塔 社長の前田伸氏が「東京タワー開業60年目の年に、累計で1億8000万人目のお客様をお迎えすることになりました。ようこそ!東京タワーに、そして記念すべきご来塔、本当におめでとうございます。
 東京タワーは60年前に東京の街を見る、眺める機能として営業を開始、翌昭和34年にまずNHKの教育放送から電波塔としてもスタートしました。今日、1億8000万人のお客様を迎えながらも、放送事業者を初め様々な事業者様からも電波塔としてもご利用いただいております。本当に長年のご愛顧、心より感謝を申し上げます。
 先ほどご紹介ありました、特別展望台は約50年前にアンテナ用の作業台から、展望台に改装した場所です。半世紀の歳月を経て、今回抜本的なインフラ整備、内装の改修を終了することができました。まもなく、体験型展望ツアーとして開業いたします。ここは、東京タワーや東京の街を知っていただく機能、多くのアテンダントからおもてなしを受けていただく機能、東京の街を俯瞰して眺望していただく機能などにより、少しでも感動していただけるよう、今後もしっかりと運営していきます。
 今回は国際化の時代にふさわしく、海外からのお客様にお見えいただきました。心からの歓迎と幸運をお祝い申し上げます」と挨拶した。続いてワヒュー氏など3名と前田社長、東京タワーの公式キャラクターであるノッポン兄(紋付袴姿)でくす球割りを行った。さらに、3名には1億8000万人達成記念の盾、花束、旅行券の目録、3月3日にグランドオープンする体験型展望ツアー「トップデッキツアー」のご招待ボードが贈呈された。
 インドネシアから仕事の関係で初来日されたワヒュー氏とノビアント氏は、「ランドマークに行きたい!」というワヒュー氏の希望により、仕事仲間の露久保氏と共に、仕事先に向かう移動日を利用して東京タワーに来塔した。ワヒュー氏は、式典のインタビューで「初めて来日し、初めて東京タワーに来て、特別なお客様として迎えていただいたことに驚いている。今度は家族と来たい」と述べた。
 最後に記念撮影が行われた後、関係者に見送られてワヒュー氏など3名は、大展望台に昇るエレベーターに乗り込んだ。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ