放送コンテンツ

A-PAB 「新4K8K衛星放送半年前セレモニー」

201864日】

写真 1
4K8K推進キャラクターを務める深田恭子さん

写真 2
野田総務大臣

写真 3
NHK 上田会長

写真 4
フォトセッションの様子

一般社団法人放送サービス高度化推進委員会(A-PAB)は6月1日、「新4K8K衛星放送半年前セレモニー」を開催した。同セレモニーは「新4K8K衛星放送」の周知広報のキックオフとして位置づけられており、メディアなど報道を通じて同放送が半年後に始まることを広く周知することを目的としている。
 出席者を代表して、まず野田聖子総務大臣が「いよいよ12月新4K8K衛星放送がスタートします。一方、4K8Kの魅力など国民視聴者の皆様に知って頂きたい事項について、ご存じでない方が多数いらっしゃることも事実です。このため改めて何点かお願いがございます。まず、すでに市販されている4Kテレビでは、新4K8K衛星放送は視聴できず、対応チューナーや、場合によってはアンテナの交換なども必要になります。放送開始に向けて、国民視聴者に混乱が生じないような、丁寧な説明と周知徹底をお願いいたします。
 総務省としましても、全国イベントでの周知広報や、電波漏洩対策などの受信環境整備を通じて、円滑な開始、普及に皆様と一丸となって進めてまいります」と挨拶した。
 続いてNHK 上田良一会長が「新4K8K衛星放送の開始に向けて、このように盛大なセレモニーを開催できることを大変嬉しく、また心強く感じております。NHKでは放送開始に向けて必要な制作や送出設備の整備を着々と進め、万全を期しています。放送の新しい幕開けとなる4K放送であるBS4K、世界では初めての8K放送であるBS8Kの2つのチャンネルと立ち上げ、放送を開始します。BS8Kでは、イタリアからの生中継を予定しており、現地にいるような至福の体験を、世界に先駆けてお届けします。BS4Kでは、4K放送で初めて南極からの生中継を行ないます。目の前に広がる圧倒的なスケールの南極の光景をリアルに体感できます。4K8K放送の魅力や視聴方法などについては、総合テレビなどで集中的に周知広報を行い、ここのお集まりの皆さまと力を合わせて普及促進に努めてまいります」と述べた。
(全文は6月6日号に掲載)

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ