放送コンテンツ

第60回CBCクラブ文化賞(くちなし章)に佐藤豊さんを選出

2019123日】

 中部日本放送は、東海地方において一芸一能に黙々と従事し、人知れずこの地方の文化の発展に貢献している人を発掘し、顕彰する、CBCクラブ文化賞(くちなし章)の97人目の受賞者に、日本舞踊狂言方の佐藤豊(さとう・ゆたか)さん(75)を選出した。
 佐藤さんは愛知県春日井市出身。昭和40年に日本舞踊狂言方となり、以降、主に中部地区の日本舞踊発表会で活躍している。
 日本舞踊の公演にとって、舞台進行すべての責任者である「狂言方」は大変重要な役目を果たす。幕引きや幕切れに冴えわたって響く柝(き)の音はいつも観客の心を躍らせる。その「柝を打つ」のはもちろん、花道を出たり、見得を切ったりするときは「ツケ打ち」で舞台効果を高める。演者の個性による微妙な間合いも長年のキャリアで的確なタイミングで行う。
 佐藤さんは、この地方で数少ない「狂言方」の第一人者、裏方に徹しこの道一筋、黙々と芸どころ名古屋を支え続けている。
 贈呈式は2月1日(金)名古屋銀行協会内のホテルオークラレストランにて行われる。

 CBCクラブ文化賞は、CBCクラブが創設されてから3年後の昭和35年(1960年)に制定された。CBCクラブ文化賞、通称「くちなし章」と親しまれているこの賞は、この地方にあって、一芸、一能に黙々と従事し、人知れずこの地方の文化の発展に貢献している人を発掘し、顕彰するというところに特色があり、他の文化賞とは一線を画すユニークな賞として評価を得ている。
 CBCクラブは、昭和25年に会社を創立した中部日本放送が「文化の発展と向上に寄与することが放送の使命」という企業姿勢に基づき、昭和32年に東海地方在住の芸術・文化・学術の分野を代表する145人で創設。平成31年1月1日現在、CBCクラブの会員数は288人。CBCクラブ文化賞選考以外の主な活動は、「チャリティ美術工芸展」などのチャリティ活動、「CBCこども絵画展」「CBC翔け!二十歳の記憶展(はばたけはたちのきおくてん)」(美術大学の学生を対象にした美術展)等開催による若手アーティスト育成支援、芸術・文化交流のための例会開催、地域の文化人を紹介するラジオ番組「文化・楽楽」の放送などで、これらの活動を通して地域貢献活動を行っている。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ