放送コンテンツ

技研公開2019 「ワクからはみ出せ、未来のメディア」

2019528日】

写真 1
技研公開2019

 NHK放送技術研究所(技研)は、「技研公開2019」の展示項目、講演を発表した。
 技研公開は、NHK放送技術研究所(技研)の最新の研究成果を一般に公開するもので、今年は5月30日(木)~6月2日(日)の4日間の日程で開催する。会場はNHK放送技術研究所(東京都世田谷区砧)で、入場は無料。
 今回は「ワクからはみ出せ、未来のメディア」をテーマに、3DテレビやAR・VRを活用した、従来のテレビのワクを越えた視聴サービスを実現する技術など24項目の研究成果を展示する。表現空間を拡張した多様なコンテンツやサービスの実現を目指した「リアリティーイメージング」の研究成果からは、高精細VR映像や、AR技術を活用したテレビ視聴サービス技術などを展示する。
 ARを活用したテレビ視聴スタイルは、テレビ画面から出演者が飛び出すような新しいテレビの視聴スタイルを実現する技術。放送と同期してインターネットで配信される出演者の3D映像が、AR用メガネやスマートフォンのカメラ機能を利用してテレビの前に実物大で表示される。高精細VR映像は、VR技術と高精細映像とを組み合わせることで、リアルで高い没入感の実現を目指すもの。180度の視野を覆う大画面のスクリーンで高精細なVR映像を上映する。将来、VR用メガネなどの様々な視聴スタイルで楽しむことができる没入感の高い映像を、大画面のスクリーンで体験できる。
 また、AIを活用して番組制作を支援する「スマートプロダクション」の研究成果からは、自然で滑らかに気象情報を読み上げるAIアナウンサーの技術や、地域放送局での字幕制作の拡充に向けて、AIを活用して生放送の音声から自動的に字幕を作りスマートフォンなどにインターネット配信する技術などを展示する。
 技研の講堂では、5月30日(木)に基調講演、31日(金)に技研職員による研究発表「ラボトーク」を実施する。今年の基調講演は、「身体の未来 拡張現実感から人間拡張工学へ」(東京大学 先端科学技術研究センター 教授 稲見昌彦氏)と「空間表現を広げる視覚のしくみ」(東北大学 電気通信研究所 所長・教授 塩入諭氏)の2件。ラボトークは6件を予定している。また、8Kスーパーハイビジョンのコンテンツ上映も行う。この他、週末の6月1日(土)、2日(日)には研究員が解説する「ガイドツアー」や、子供を対象としたイベントも開催する。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ