放送コンテンツ

パナソニック映像 4K作品が関前諸島岡村島映画祭で最優秀賞

202025日】

写真 1
「Joy lives in New Orleans Jazz」

写真 2
安楽直樹氏

 パナソニック映像が制作した、4K「Joy lives in New Orleans Jazz」が、1月18日に開催された第4回関前諸島岡村島映画祭において、4K作品「Joy lives in New Orleans Jazz」が最優秀映像賞を受賞したと発表した。なお、同作品と8K「THE GIFT」の2作品は、先進映像協会日本部会主催「ルミエール・ジャパン・アワード2019」でグランプリと特別賞をダブルで受賞している。さらに、4K作品の受賞は3年連続で、今回初めてのグランプリ受賞となった。
 ジャズ発祥の地アメリカ、ニューオーリンズ。その美しい街並みと、ここに現存するライブハウス「Preservation Hall」でJoy lives in New Orleans Jazは作られた。
 今回制作を担当したスタッフのうち、安楽直樹氏(パナソニック映像 プロデューサー ディレクター)は「以前制作した4K作品は特に「HDR感」を意識した作品でした。タイのランタン、スコットランドの火祭りと、明暗のコントラストがよくわかるような。そこで今回は最初から4Kと8K両方撮る予定だったので「高精細なもの」は勿論ベースにありますが「見ていて楽しいものにしたい」と思い、今までやっていかなった音楽もありかなあと考えました。他にはキューバとかフリークライミング、パルクールなんかも候補には出ましたが、8Kのスペックを考えるとあまり動きが早いものは難しいので、今回はエンターテインメントなものにトライしてみようと。作品の舞台となった、『Preservation Hall』は、ニューオーリンズで一番古いライブハウスで、観光地的な場所にもなっていて、今は初代の息子さんが『Preservation Hall Jazz Band』というハウスバンドで演奏しています。今年で87歳のサックス奏者も現役で活躍しているし、歴史あるこの場所ならいいストーリーが描けそうだなと思いました。
 ホール自体本当に狭くて古いライブハウスですが、ロケーションがいいんですよ。古臭いところがいい。ステージもなく、観客のすぐ目の前で演奏しているんですが、盛り上げ方がうまい。勿論演奏が何よりうまいし、かっこよかったですね。
 ライブハウスの細かいディテールとか空気感とかを4K/8Kで表現するためにいくつか工夫をしました。点光源を入れてみたり、他にも撮影用の照明をいくつかプラスして、言ってみれば「HDR映え」するように。それから管楽器の独特な光沢感。長い間引き継がれてきた楽器をリアルに表現するための工夫もしてみましたが、結構うまくいったなあと思っています」と語る。
 また、同社 カメラマンの坂口政也氏は「今回は8Kのカメラ助手として参加しました。使用したカメラは、8KがPanasonicの開発中のもの。4KはVARICAM LTのEFレンズ仕様がメインでGH5も一部使用しました。8Kカメラを扱うのは初めてだったので、事前にテスト撮影を行い、レコーダーとの相性とか、収録データの扱い方を確認しました。
 8Kはとにかくデータ量が多い。今回は収録の上限が120分しかなく、バックアップを取ると丸1日かかるので、それは断念しました。メインの演奏シーンを撮り終えると残りは40分ほど。それでも何とか、予定のシーンを撮り終えることが出来ました。
 実は現場では8Kの撮影時にHDモニターしかなかったので、どんな風に撮れているのか確認できなかったのですが、帰ってきてから編集室で8Kの映像を見て、かなりリアルなのには驚きました。
 大画面で見たせいもあるかもしれませんが、臨場感があって、特に演奏シーンは撮影現場にいたときを思い起こさせるものがありました。
 最近は4Kでの撮影が、国内海外問わず増えていますね。HDで使用する作品でも撮影は4Kで、ということも多いんです。4Kは、とにかくフォーカスがシビア。撮影時に一番心がけていることですね。」と述べる。
 なお、パナソニック映像/東京オフィス内に昨年12月にOPENした、企業向けの「テクニカルショウルーム」にて「ルミエール・ジャパン・アワード2019」8K部門 特別賞の「THE GIFT」を8K映像で実際に見ることができる(一般への公開は行っていない)。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ