放送コンテンツ

パナソニック井戸氏「施設単体ではなく、価値向上が重要」

2020210日】

写真 1
パナソニック・東京オリンピック・パラリンピック推進本部長 井戸正弘氏

 ビジネスソリューション本部長で東京オリンピック・パラリンピック推進本部長の井戸正弘氏に話を聞いた。
 「パナソニックのスポーツ関連のアイテム(製品)は非常に多いですが、これまではばらばらに行っていました。東京オリンピック・パラリンピックに関しては、6年前に東京オリンピック・パラリンピック推進本部を立ち上げ、ここを窓口に行ってきました。このため、IOCやIPC、組織委員会ともスムーズに協議を進めることができました。様々なアイテムをパッケージ化し提案できたのは、やはり本部があったからだと思います。
 スポーツ、スタジアム単体では、さほど大きな広がりは期待できません。スタジアム周辺に商業施設やアリーナ・劇場などを組み合わせた複合型スタジアムにしないと継続的に収益を確保することは難しいです。
 東京オリンピック・パラリンピックに限らず、1つのプロジェクトを“1つの件”にしてしまうとそれで終わりとなります。スタジアム、アリーナ、劇場などについて、施設空間の価値向上という視点から考える必要があります。施設を作って終わりではなく、絶えず最新の技術やソフトを投入し、その施設の価値を向上させていくことが重要です。
 今後はスポーツ施設や周辺施設、住宅、鉄道などと組み合わせた街全体としての提案に広げていきます」。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ