放送コンテンツ

パナソニック 「ムービングミラープロジェクション」を展示

2020218日】

写真 1
PT―RQ50KJとdnp Supernova™


 パナソニックは、2月19日~21日に開催される「ProLight & ProVisual 2020」に出展し、世界最高輝度の4Kプロジェクターの他、参考出品として「ムービングミラープロジェクション」を展示する。
 世界最高輝度5万lm 4Kプロジェクター「PT―RQ50KJ」は、3チップDLPレーザー光源プロジェクターで、世界最高輝度5万lmと広色域化技術による高い映像表現力を実現している。レーザー光源には青色と赤色の両方を採用し、複数のレーザー光源の波長を最適制御する広色域化技術により、表現できる色再現領域は従来比114%を実現し、鮮明で豊かな色彩表現が可能になる。また、スクリーンは300インチの「dnp Supernova」を用いている。
 一方、参考出品のムービングミラープロジェクション(プロジェクターと一体型の投影コントロールシステム)は、ミラーヘッドの動きで、動画・静止画などを壁面・天井などに自由に移動させながら投影可能。これにより、壁や天井など会場全体を用いた演出ができる他、高精度かつ高速にミラー角度を変え、映像の歪みを自動補正する。



放送コンテンツ一覧へ  トップページへ