放送コンテンツ

アストロデザイン/MBS/ドコモ/ミハル 5Gを用いた8Kライブ伝送実証実験に成功

2020311日】

写真 1
8Kライブ伝送検証系統図

 アストロデザイン株式会社(東京都大田区、鈴木茂昭社長)は、2020年2月12日から14日にかけて、NTTドコモ 関西支社と毎日放送MBS毎日放送)、ミハル通信と共同で、ドコモの5Gプレサービスを活用した8K素材のHEVCライブストリーミング実証実験を行い、MBS毎日放送本社からドコモ関西支社への伝送に成功したと発表した。
 8K素材はカムコーダーに収めたコンテンツ再生ならびに屋外ライブ映像を使用。8K-HEVCライブストリームを公衆インターネット網と5Gネットワークを使い無線伝送し、4K/8K衛星放送用の高周波信号に変調したのち、民生用8Kチューナーで復調した。
 ドコモの5Gを活用して、現行の4K/8K衛星放送に用いられているデジタル放送信号多重化(MMT―TLV)方式でストリーム伝送し、この衛星放送標準規格(ISDB-S3)で変復調まで実現できたのは全国初となる。また、方式にかかわらず、ドコモの5Gで8K素材をHEVC伝送したのは関西で初となった。今回の検証は、ドコモとMBS毎日放送のほか、8K各種製品を扱うアストロデザイン、8K信号圧縮技術ならびに高周波技術を得意とするミハル通信が加わることで実現できたものとしている。
 今回の実証実験における各社の役割は以下の通り。
 ▽NTTドコモ:5Gプレサービスのネットワーク環境および対応端末の提供。
 ▽MBS毎日放送:8K素材の準備、提供。カムコーダー、エンコーダー等の設置場所の提供。アップリンク側回線の準備、提供。VPNルーター、モニタの準備、提供。検証で得たパラメータデータの評価。
 ▽アストロデザイン:伝送システムの設計。5Gデータ通信による検証。検証で得たパラメータデータの評価。8Kカムコーダーの準備、提供。
 ▽ミハル通信:伝送システムの設計。5Gデータ通信による検証。検証で得たパラメータデータの評価。
 ▽アストロデザイン製クロスコンバータ、8K HEVCエンコーダー、VPNルーター、ISDB-S3変調器、8Kチューナーの準備、提供。
 今回の5G検証を受けて、新規ビジネス展開を図り、社会的課題の解決に向けて取り組んでいくとしている。

放送コンテンツ一覧へ  トップページへ