デジタル家電

5型IGZO液晶搭載「シンプルスマホ3」 シャープ

【2016年08月29日】

写真
      開発中のカメラ専用ボタン
(デジタルカメラのように半押しでピントが合わせられる)

 シャープは、ソフトバンク向けの新製品として、初めてでも簡単に操作できるシニア向けスマートフォン「シンプルスマホ3」を開発したと発表した。ソフトバンクでは、9月上旬以降、全国のソフトバンクショップやワイモバイルショップなどで発売を開始する。また、発売に先立ち、9月2日から予約の受け付けも開始する。
 「シンプルスマホ3」は、シニア層に向けたモデルで、高精細で見やすい5インチIGZO液晶ディスプレイを搭載した。ホーム画面には大きな文字やアイコンを配置して読みやすさと操作のしやすさに配慮した。
 現在、専用のカメラのシャッターボタンを開発中で、ほかにも電話やメール、ホームのボタンを専用で設けるなど、分かりやすく使いやすいモデルとなっている。カラーはライラックシルバーとブラック、ピンクの3色。
                          ◇
 製品の主な特長と仕様は次の通り。
 ■専用ボタンを配置
 カメラは専用のシャッターボタンが搭載される予定で、デジタルカメラのように半押しでピントが合わせられる。また、電話やメール、ホームなど各専用ボタンが設けられ、電話の着信やメールの受信があると光の点滅で通知するなど、分かりやすいように工夫している。
 ■大容量バッテリー搭載
 電池容量は2810mAhで、3日間を超えるバッテリ駆動時間を実現。VoLTE仕様で約1250分、GSMで約880分、3Gで約1280分使用できる。連続待受時間は4GLTEで約820時間、3Gで約980時間。
 ■防水・防塵・耐衝撃性
 また、IPX5/IPX8の防水、IP5Xの防塵性能を備え、耐衝撃性能は米国国防総省が制定した「MIL―STD―810GMethod516・7」に準拠した規格をクリアした。
 ■安心・便利な機能性  シニア向けならではの「元気だよメール」機能では、端末を使うと登録先(家族など)に自動でメール送信できる。ほかに、よく使う連絡先を最大4件まで登録できる「楽ともリンク」、騒がしい場所でも会話が聞き取りやすい「トリプルくっきりトーク」、緊急時にスイッチを入れるとブザーが鳴り、登録先に自動で電話をかけて位置情報をメールで送信する「緊急ブザー」などの安心機能も搭載。
 ■主な仕様
 ▽OS:Android6・0▽CPU:QualcommSnapdragon617(クアッドコア1・5GHz+1・2GHz)▽内蔵メモリ:2GB▽内部ストレージ:16GB▽外部ストレージ:microSDXCメモリーカード(最大200GB)▽サイズ:約143×71×9・2ミリ、重量:140グラム▽ディスプレイ:約5インチIGZO(1280×720ドット)▽アウトカメラ:約1310万画素CMOS(裏面照射積層型)▽インカメラ:約500万画素CMOS(裏面照射積層型)▽連続通話時:4GLTE(FDD―LTE):900MHz/1・7GHz/2・1GHz、4G(AXGP):2・5GHz、3G(W―CDMA):900MHz/2・1GHz▽最大通信速度(上り/下り):37・5Mbps/112・5Mbps▽ワイヤレス:Wi―Fi(802・11b/g/n)、Bluetooth4・2、赤外線通信など

デジタル家電一覧へ  トップページへ