デジタル家電

スマホなど9機種をラインナップ ソフトバンク等

【2016年10月17日】

写真
       ▲ Xperia XZ
写真
     ▲ STAR WARS Mobile
写真
     ▲ AQUOS ケータイ2

 ソフトバンクとウィルコム沖縄は、2016年冬から2017年春向けの新商品としてSoftBankブランドから7機種、Y!mobileブランドから2機種を10月下旬以降順次発売すると発表した。
 ラインアップとして、SoftBankから「スマートフォン」3機種、「ケータイ」1機種、「タブレット」2機種、「衛星電話」1機種、Y!mobileから「ケータイ」1機種、「タブレット」1機種を揃える。
 発売に先立ち、「Xperia XZ」を10月14日から、「AQUOSケータイ2」(SoftBank)を10月21日から予約受け付けを開始するほか、「AQUOS Xx3」の新色となるピンクを、11月下旬以降に発売する。
 ◇各機種の主な特長
 1.XperiaXZ(ソニー製)
 Xperia初となる、3つのセンサーによってさまざまな場所できれいに撮影できる約2300万画素の高性能なカメラを搭載したスマートフォン。上質な音でハイレゾ音源を楽しめるウォークマンRで培われた高音質技術を搭載。下り最大350Mbpsの高速通信が可能。11月上旬以降発売。
 2.STAR WARS Mobile(シャープ製)
 世界的人気を誇る映画「スター・ウォーズ」の世界観を表現したスマートフォン。「スター・ウォーズ」シリーズで象徴的に描かれているDark SideとLight Sideを表現した2色のカラーバリエーションを用意。他では入手できない限定の「ダース・ベイダー(ローグ・ワン)ガンメタルバージョン」を含む、映画最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するキャラクターと乗り物のフィギュアを5種類同梱。12月上旬以降発売。
 3.AQUOSXx3mini(シャープ製)
 片手で持っても使いやすいサイズのスマートフォン。5色のカラーバリエーションを用意。約2100万画素の高画質カメラと、サブカメラには広角レンズを採用し、フラッシュ機能も搭載。IGZO液晶の優れた省電力性能などで、電池切れの心配をすることなく利用が可能。2017年2月上旬以降発売。
 4.AQUOS ケータイ2(シャープ製)
 ワンプッシュで簡単に携帯電話本体を開くことができ、VoLTE対応で高音質の通話が可能。1800mAhの大容量バッテリー搭載で1週間を超える電池持ち。防水・防じん・耐衝撃、Wi―Fi、テザリングなどに対応し、「LINE」も利用可能。10月下旬以降発売。
 5.Lenovo TAB3(レノボ製)
 約8インチの画面サイズで、片手で気軽に持ち歩けるタブレット。デュアルスピーカーを搭載し、さらにドルビーのオーディオ技術「Dolby Atmos」に対応することで迫力のある音を実現。また、用途にあわせて自動で画質や音などを最適化するマルチモードに対応。12月上旬以降発売。
 6.Media Pad T2 Pro(Huawei製)
 約10インチのフルHD対応ディスプレーで迫力のある映像を楽しめる大画面タブレット。大容量バッテリーに加え、低消費電力のオクタコアCPUを搭載することで電池切れの心配なく快適に利用可能。さらに、Huawei独自の音響技術により、ホームシアターのような感覚で動画や音楽を楽しめる。2017年3月上旬以降発売。
 7.SoftBank501TH(Thuraya Telecommunications Company製)
 片手で持ちやすいコンパクトサイズの衛星電話。防水・防じん、耐衝撃保護に対応し、SOSボタンやボリュームボタン、スピーカーホンなどを搭載。メニュー画面や電話帳登録、SMS作成は日本語に対応し、緊急機関への発信も可能。2017年1月中旬以降発売。
 8.AQUOSケータイ2 602SH(シャープ製)
 特長は、AQUOS ケータイ2(シャープ製)と同じ。
 9.Lenovo TAB3 602LV(レノボ製)
 特長は、5.Lenovo TAB3(レノボ製)と同じ。

デジタル家電一覧へ  トップページへ