デジタル家電

最大17時間の長時間駆動 東芝

【2016年12月07日】

写真
▲ (左から)土岐本部長、柏木取締役、金古
  毅本部長
写真
   ▲ タブレットスタイルで使用可能
写真
    ▲ 小型化したメインボード

 東芝クライアントソリューションは、店頭向け2016年冬モデルの新商品として、ディスプレイ部が360度回転して、1台でタブレットとモバイルノートPCとして使える12・5型液晶搭載2in1コンバーチブルPC「dynabook Vシリーズ」4機種4モデルを12月9日から発売すると発表した。
 新商品は、同社が31年間にわたり培ってきた高密度実装技術や堅牢化技術、シミュレーション技術などの設計技術を駆使したモデル。上位3機種に最新の第7世代インテルCoreプロセッサーを搭載するほか、全機種標準で高速データ転送可能な「Thunderbolt3コネクタ」と「Windows10 Home64ビット」を搭載している。
 独自の配線ガイドラインを用いた基板設計で、メインボードとIOボード基板面積を従来機から14%の小型化に成功。さらに部品の配置を最適化する高密度実装技術や、薄型化と軽量化、堅牢性を支えるシミュレーション技術を用いて、筐体の薄さと軽さ、強さのバランスを最適化し、薄さ約15・4㍉㍍、重量約1099㌘の薄型軽量筐体を実現。高負荷のかかるキーボードのパームレスト部では、補強リブ構造を採用し、耐久性向上と安定した打鍵感を両立するよう設計された。
 バッテリーでは、約17時間の長時間バッテリーと、わずか30分の充電で7時間のバッテリー駆動を可能にした急速充電機能を搭載。バッテリーの状態をソフトウェアで監視しながら段階的に電流をコントロールし、バッテリーの劣化を防ぐ機能も搭載してバッテリーを強化している。なお、2017年1月下旬に発売を予定している「V42」は重量とバッテリー駆動時間は未定。決まり次第発表される。
 ディスプレイにはタッチ対応のフルHD液晶で、映り込みが少なく屋外でも画面が見やすいノングレアタイプを採用。液晶と表面ガラスの間に隙間のないダイレクトボンディングを採用し、乱反射を抑え美しく鮮やかな画面表示を実現する。
ワコムと共同開発した付属のアクティブ静電ペンは、手書き操作がペン先と表示位置の視差が少なく思い通りに行え、紙とペンの書き心地に大きく近づけた。2048段階の筆圧を感知し、表情豊かな文字や線を書いたり、細いペン芯で小さな文字が書ける。手書きノートアプリ「TruNote」を使うと、手書き文字で検索やテキスト化してメール・SNSとの連携ができる。
 ディスプレイの360度回転を可能とするヒンジには、独自に開発した高信頼性2軸ヒンジを採用。シミュレーションを行いながらシャフト構造の設計とスチール素材を選定したほか、2万回に及ぶ開閉テストで高い耐久性を実証している。
 スピーカーには世界的ブランドのハーマン・インターナショナルと共同開発した高音質ステレオスピーカーを搭載。迫力と臨場感あるサウンドが楽しめる。
 価格はすべてオープン価格だが、税別の市場予想価格は、512GB高速SSD搭載のハイエンドモデル「V82」が21万円台半ば、256GB高速SSD搭載の「V72」が19万円台半ば、128GB高速SSD搭載の「V62」が17万円台半ば、128GB高速SSD搭載の「V42」が15万円台半ば。カラーはオニキスメタリック。
 12月1日には、東京都千代田区で新製品発表会が開かれた。東芝クライアントソリューション取締役(技術・品質所管)の柏木和彦氏は、Vシリーズについて「すべてに妥協しない東芝の技術を結集した製品高度な画像編集からマルチタスク、アクションゲームまでスムーズに行える」と紹介。
 また、インテル技術本部の土岐英秋本部長と、日本マイクロソフトコンシューマー&パートナーグループOEM統括本部の金古毅本部長が登壇し、それぞれプレゼンを行った。
                          ◇
 各モデルの主な特長は次のとおり。
 【V82】
 最新の第7世代インテルCoreプロセッサー、高速512GB SSD、8GBメモリを搭載。アクティブ静電ペンと、周辺機器との接続を考慮して、USB Type―Cアダプター(HDMI、USB3・0、RGB、有線LAN)を付属する。
 「Windows Hello」の顔認証に対応する小型の顔認証センサーを独自開発して搭載。PCの画面に顔を向けるだけで、ロック画面をすばやく解除し、安全にECサイトで決済できる。
 【V72】
 最新の第7世代インテルCoreプロセッサー、高速256GB SSD、8GBメモリを搭載。アクティブ静電ペンを付属。
 【V62】
 最新の第7世代インテルCoreプロセッサー、高速128GB SSD、8GBメモリを搭載。
 【V42】
 インテルCeleronプロセッサー、高速128GB SSD、4GBメモリを搭載。

デジタル家電一覧へ  トップページへ