デジタル家電

ビッグローブを完全子会社化 KDDI

【2016年12月14日】

写真

 KDDIは12月8日、大手プロバイダーであるビッグローブの全株式について、株式を保有する日本産業パートナーズから2017年1月末までに取得する意向を正式に発表した。取得金額は約800億円。200万人以上が利用するビッグローブのネット接続事業と約40万人が利用するモバイル事業を取り込むことで収益拡大を目指す。
 ビッグローブは、固定回線を利用したインターネット接続サービスを事業展開しており、2016年9月末時点の利用者数は200万人を超える。また、モバイル事業では約40万人が利用している。
 一方、KDDIが提供する携帯電話事業auブランドの携帯・スマートフォン等の契約件数は、2016年9月末時点で、3858万件に達する。また、『auひかり』ブランドのFTTH(光回線)サービスやCATVサービス等の固定通信サービスの契約件数は904万件としている。
 調査会社MM総研がまとめた『2016年9月末のISP事業者のFTTH契約数シェア』では、KDDIの契約件数は約128万件でシェア4・5%、業界第7位だった。一方、ビッグローブの契約件数は約245万件で、シェア8・5%、業界第4位につけている。KDDIがビッグローブを完全子会社化すれば、契約件数約373万件、シェア13%となり、『NTTコミュニケーションズ』、『ソフトバンク』に次ぐ業界第3位へと躍り出る。
 KDDIは現在、『au WALLET』『au WALLET Market』を中心とした決済・物販事業を展開するほか、通信領域以外でもユーザーの利便性につながるサービスの拡充に取り組んでいる。同社は「今回の子会社化により、KDDIとビッグローブは、それぞれの顧客基盤・事業ノウハウなどを活用することで、通信領域のみならず、決済、物販事業など非通信領域においても両社のシナジーによる事業拡大を図っていきたい」とコメントしている。
                          ◇
 各社の概要は次の通り。
 【KDDI概要】
 ▽商号:KDDI株式会社▽事業内容:電気通信事業▽設立年月日:1984年6月1日▽本店所在地:東京都新宿区西新宿2丁目3番2号▽代表者:代表取締役社長 田中孝司▽資本金:141852百万円(2016年3月31日時点)▽連結売上高:4466135百万円(2015年度実績)▽連結社員数3万1834人(2016年3月31日時点)。
 【ビッグローブ概要】
 ▽商号:ビッグローブ株式会社▽事業内容:インターネット等のネットワークを利用した情報サービスの提供および、これに付帯または関連する一切の業務▽設立年月日:2014年4月▽本店所在地:東京都品川区東品川4丁目12番4号▽代表者:代表取締役執行役員会長兼社長 中川勝博▽資本金:8881百万円(2016年3月31日時点)▽連結売上高77581百万円(2015年度実績)▽社員数:467人(2016年9月30日時点)。

デジタル家電一覧へ  トップページへ