デジタル家電

4K/HDR対応の家庭用プロジェクター JVCケンウッド

【2016年12月16日】

写真
「DLA-X570R」

 JVCケンウッドは、JVCブランドから、独自開発の「D―ILA」デバイスを搭載した家庭用プロジェクターの新製品として、4K(3840×2160画素)/HDR対応D―ILAプロジェクターの「DLA―X770R」と「DLA―X570R」の2機種を12月下旬に発売すると発表した。
 新製品は、さらなる高輝度化と高コントラスト化を実現し、高精細な4K映像を再現する。また、より手軽にHDRコンテンツの視聴を可能にするHDRオートピクチャーモードを新たに搭載。放送やストリーミング等で採用が予定されているHDRの新方式であるHybrid Log―Gamma(ハイブリッド・ログガンマ)にも対応し、HDRのダイナミックな映像を楽しめる。
 価格はオープン価格だが、希望小売価格は、ハイエンドモデルの「DLA―X770R」が税別90万円、ミドルレンジモデルの「DLA―X570R」が税別70万円となっている。カラーは、「DLA―X770R」はブラックのみ、「DLA―X570R」はブラックとホワイトの2色を展開する。
 同社は、昨年発売した4K対応D―ILAプロジェクター「DLA―X750R」と「DLA―X550R」で、独自の「e―shiftテクノロジー」を搭載し、高精細な4K解像度表示を実現するとともに、いち早くHDRコンテンツにも対応した。
 新製品の「DLA―X770R」と「DLA―X570R」は、映像表現力をさらに高め、高輝度化と高コントラスト化を実現するとともに、HDRコンテンツを簡単に視聴できるHDRオートピクチャーモードを追加。高輝度と広色域を生かし、従来のコンテンツはもちろん、普及が期待されるHDRコンテンツの映像表現を忠実に再現した。
 さらに、今後採用が予想される放送用HDR規格である「Hybrid Log―Gamma(ハイブリッド・ログガンマ)」にも対応している。
   ◇
 製品の主な特長は次の通り。
1.高輝度1900ルーメンを実現した、鮮明で迫力ある4K高画質映像:265Wの高圧水銀ランプと高効率光学エンジンの組み合わせで、高輝度1900ルーメンを実現(従来モデルは「DLA―X750R」は1800ルーメン)。画素ギャップが狭く光の利用効率が高い「D―ILA」デバイスとの組み合わせにより、緻密で滑らか、パワフルな映像を実現。より鮮明で迫力ある4K高画質映像を楽しめる。
 2.ネイティブコントラスト13万対1&ダイナミックコントラスト13万対1を実現:独自の「D―ILA」デバイスと高出力ランプに対応したワイヤグリッド採用の光学エンジンにより、ネイティブコントラスト13万対1を実現。また、入力映像を独自のアルゴリズムで解析し、黒レベルを自動制御する「インテリジェント・レンズ・アパーチャー」との組み合わせにより、ダイナミックコントラスト13万対1を実現。より臨場感あふれる4K映像を実現する。
 3.HDRコンテンツへの対応を拡充し、高画質でダイナミックな映像描写が可能:UHDブルーレイに代表されるHDRコンテンツは、SDRと比べてコンテンツ側の輝度レンジ拡張や10bit階調、広色域などにより、映像表示機器の性能がより一段と求められる仕様になっている。その仕様に応えるため、「D―ILA」プロジェクターは高いネイティブコントラストを最大限に生かし、高輝度と広色域にも対応することで、HDRコンテンツの映像表現を忠実に再現。HDR10信号が入力されると自動的に切り替わる、HDRオートピクチャーモードを新たに搭載。今後放送用として普及が見込まれる「Hybrid Log―Gamma」にも対応した。
 4.18Gbps 4K伝送、HDCP2・2対応:最新のHDMI規格に対応。4K/60P4:4:4や、4K/60P4:2:2/36bit、4K/24p 4:4:4/36bitなど、18Gbpsの伝送帯域に対応したフルスペックの4K映像入力が可能。色鮮やかな色調表現とより豊かな階調表現を実現する。また、動画配信サービスやUHDブルーレイ等の著作権保護コンテンツの再生を可能にするHDCP2・2にも対応している。
 5.独自の「4K e―shift4テクノロジー」を搭載: e―shiftテクノロジー」は、1画素を斜めに0・5画素シフトすることで解像度を倍増して4K映像を実現する同社独自の高解像度表示技術。高出力ランプに最適化した光学エンジンと高速LSIの採用し、4K60p4:4:4信号などフルスペックの4K映像入力が可能。
 6.「Mutiple Pixel Control(マルチプルピクセルコントロール)」を搭載:独自の高画質映像処理技術「Mutiple Pixel Control」を搭載。新解析アルゴリズムで、4K映像はもちろん、フルHD映像もより高精細な4K映像に変換し、きめ細やかな4K映像で表現する。従来のバンド処理と比べ、より高帯域に重点を置いて画像検出を行うことで、精細感とボケ感を両立し、4K解像度ならではのリアリティを実現する。
 7.ゲーム等に最適な低遅延モードを新搭載:PC信号やゲームなどの表示遅延を低減し、すばやい操作への応答性能を高めた「低遅延モード」を搭載。ゲームなども快適に楽しめる。

デジタル家電一覧へ  トップページへ