デジタル家電

世界初の「HDBaseT Repeater(Rx/Tx)」認証取得 NECディスプレイソリューションズ

【2016年12月26日】

写真

 NECディスプレイソリューションズは、プロジェクターの「ビューライトシリーズ」の新製品として、「NP―PA803UJL(8000ルーメン)」「NP―PA723UJL(7200ルーメン)」「NP―PA653UJ(6500ルーメン)」「NP―PA853WJL(8500ルーメン)」「NP―PA703WJL(7000ルーメン)」「NP―PA903XJL(9000ルーメン)」の6機種=写真=を2017年2月1日から出荷開始すると発表。
 新製品は、外形寸法が幅503×高さ168×奥行411ミリメートル、質量10・2キログラムの、軽量コンパクトボディを採用。さらに「NP―PA803UJL」「NP―PA853WJL」「NP―PA903XJL」では、NEC独自の衝突噴流を利用したLCD冷却や、ランプ冷却の効率化で、軽量コンパクトと輝度8000ルーメン以上の明るさを両立した。
 また、全モデルでHDBaseT入出力端子を装備し、1つの端末から最大4台までデイジーチェーン接続できる。そのため、複数台で1つの画面を構成するマルチ画面を利用する際などでは、設置工数や費用削減に寄与する。「NP―PA803UJL」は、プロジェクターとして、世界初の「HDBaseT Repeater(Rx/Tx)」認証を取得。
 さらに、エコモード選択時では、ランプ推奨交換時間最大5000時間まで延長でき、フィルターメンテナンス最大1万時間に対応可能で、メンテナンスの手間と費用の削減に大きく貢献。NECでは、約5年間のメンテナンスコストを削減できるとしている。
 価格はオープンプライスだが、市場想定価格は、すべて税別で「NP―PA803UJL」が75万円、「NP―PA723UJL」が69万円、「NP―PA653UJL」が63万円、「NP―PA853WJL」が63万円、「NP―PA703WJL」が48万円、「NP―PA903XJL」が52万円。なお、新製品はレンズが別売りとなっており、設置場所に応じて8種類のオプションレンズが用意されている。価格は8万~28万円。
                       ◇
 主な特長は次の通り。
 1.明るさと軽量コンパクトボディを両立:外形寸法幅503×高さ168×奥行411ミリメートル、質量が10・2キログラム。独自の衝突噴流を利用したLCD冷却や、ランプ冷却の効率化で、「NP―PA803UJL」「NP―PA853WJL」「NP―PA903XJL」では、高輝度と軽量コンパクトボディを両立した。
 2.プロジェクターとして世界初の「HDBaseT Repeater(Rx/Tx)」認証を取得(「NP―PA803UJL」)、マルチ画面設置時の工数・費用を削減:HDBaseTの入出力端子を装備し、映像や音声信号だけでなく、制御信号もデイジーチェーンで伝送が可能。最大4台までの接続に対応。HDBaseTは、プロジェクターとして世界で初めて「HDBaseT Repeater(Rx/Tx)」の認証を取得した。また、デジタルデイジーチェーン接続による2×2の4面マルチ構成時では複雑なマルチ設定が自動でできる『タイルマトリクス機能』や、画像の境界を目立たなくさせる『エッジブレンディング機能』などにより、マルチ画面投写の設定作業の工数削減も図った。
 3.メンテナンスの手間や費用を削減:省エネルギーモードの「エコモード」選択で、ランプ推奨交換時間が最大5000時間まで延長。集塵効率を改善した防塵フィルターで、フィルターメンテナンスを最大1万時間に、メンテナンスコストを約5年間削減できる。
 4.高画質、高解像度対応:4K60Hz入力対応のデジタルインターフェースを、HDMI×2、DisplayPort×1、HDBaseT×1と豊富に装備。デジタル、アナログ問わず、全てのインターフェースで10bit信号処理が可能で、高画質投写を実現。HDMI及びHDBaseTはHDCP2・2に対応。HDMIは将来的に普及が見込まれる次世代の『Ultra HD Blu―ray』や4Kテレビ放送などの次世代映像規格のフォーマットへの対応も考慮。HDR10、REC2020信号の入力にも対応した。
 5.豊富なオプションレンズ:オプションレンズは、既存PAシリーズと共通のマニュアルレンズと、フォーカス、ズーム、レンズシフトすべて電動で、レンズメモリにも対応した新規レンズ。新規レンズのうち、NP40ZL、NP41ZLは周辺電動フォーカス機能により、優れたフォーカス性能も備える。なお、オプションの天吊金具(型名:NP14CM)も、既存のPAシリーズと共通で、現在PAシリーズを天吊りして使うユーザーは、買い替え後も使用可能。

デジタル家電一覧へ  トップページへ