デジタル家電

洗えるスマホ・タフネス携帯など7機種を新発売 KDDI

【2017年01月18日】

写真
新プランをPRする(左から)田中社長、
松田さん。桐谷さん

 KDDIと沖縄セルラーは、2017年春モデルの新製品として、洗えるスマートフォン「rafre(ラフレ)KYV40」やタフネスケータイ「TORQUE(トルク)X01」(共に京セラ製)など、スマートフォン3機種、携帯電話1機種、ルーター2機種、ストレージ1機種の7機種を1月下旬から順次発売すると発表した。
 KDDIは1月11日、東京都港区のザ・プリンス パークタワー東京で、「au 2017年春モデル発表会」を開き、新製品を披露した。発表会には田中孝司社長が出席し、製品紹介と、新学生割引プラン「auの学割天国」について説明した。
 田中社長は春モデルについて、多彩なラインアップを紹介し、「お客様一人一人の体験価値を向上するモデルが揃った」とPRした。また、新サービスの「学割天国」は、料金設定をデータ通信の利用量に応じて4段階に設定した18歳以下対象の学生向けプラン。auの固定回線の加入や、利用者の家族が新たにKDDIと契約するなどの条件はあるが、加入するとデータ通信量3GBまで月額2980円、4GBまで3790円、5GBまで4490円、20GBまで月額5090円の4つの料金体系で利用できる。5分以内の国内通話無料の通話定額サービス「スーパーカケホ」も含む。
 田中社長は「今回、どの学生にも対応可能な階段状の料金プランを用意した」と説明した。
 発表会にはauのCMに出演する俳優の松田翔太さんと桐谷健太さんが登場して、新CMを披露した。松田さんは『三太郎シリーズ』として好評のCMについて「学割天国と共に、三太郎シリーズを楽しんでいただきたい」と笑顔を見せた。 
 特長は次の通り。
 「rafre KYV40」
 従来の洗える性能を強化し、泡ボディソープや泡ハンドソープで洗うことが可能になった。温水防水対応。近接センサーで、ジェスチャー操作を可能にしたほか、料理中に画面に触れなくても手を動かすだけでレシピが閲覧できる「クックビュー」機能もを搭載。
 ほかに、京セラ独自の「スマートソニックレシーバー」、約1300万画素の高画質メインカメラ、長時間使用可能な3000mAhの大容量バッテリーを搭載。カラーはペールピンク、クリアホワイト、ライトブルーの3色から選べる。3月上旬から発売開始する。
 「miraie f」
 保護者が気になる「ネットの危険」や「使いすぎ」などスマートフォンを持たせるかを迷う保護者の要望に応えたジュニア向けスマートフォン。子どもの年齢に合わせWEBサイトやアプリを自動で制限するフィルタリング機能を搭載。サイトやアプリ毎に制限の設定を変更できる。「アプリ利用チェッカー」は、保護者の端末でもアプリの使用状況を確認できる。時間帯や、曜日毎で利用制限を簡単に設定できる「利用時間制限」機能も搭載。柔軟な設定・変更が可能だ。カラーはスカイブルー・スノーラベンダー・リーフグリーンの3色から選べる。1月下旬から発売開始。
 「TORQUE X01」
 米国国防総省の調達基準に準拠した防水、防塵に加え、鉄板やコンクリートへの1・8㍍落下に対する耐衝撃性能などの18項目の耐久試験をクリアしたタフネスケータイで、auでは約6年ぶりの発売となる。人気の「OUTDOOR PORTAL」搭載で、天気や気圧、温度などアウトドアで活躍する8種の情報をいつでも確認できる。アウトドアで手が離せないシーンに活躍する「読み上げ通知機能」も搭載し、気温や高度、気圧などを定刻で読み上げ、アウトドア活動をサポート。「圏内・圏外通知」機能で、安心してアウトドアを楽しめる。カラーはシルバーとレッドの2色から選べる。2月下旬から発売開始する。
 「AQUOS SERIE mini SHV38」
 2014年春から続くアクオスシリーズのコンパクトモデル。ハイスペックでありながら、片手に収まるコンパクトなボディで、女性に好評。新機では、どんなシーンもキレイに撮影できる2100万画素の高画質メインカメラと、フラッシュ付きでセルフィーもキレイに撮影できるインカメラを搭載している。
 ディスプレイは4・7インチIGZO/FHDディスプレイを搭載。サイズは、幅67×高さ135×奥行8・6㍉、重量約134㌘。カラーはネイビー・ホワイト・シャンパンピンクの3色を展開。2月上旬から発売。
 「Speed Wi―Fi NEXT W04」(ファーウェイ製)
 WiMAX2+の4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション技術対応で受信最大440Mbpsに進化した高速通信対応のWi―Fiルーター。受信速度370Mbpsの3波キャリアアグリゲーションへの対応に、プラチナバンド800MHzの4G LTEを搭載し広いエリアで高速通信が利用できる。
 カラーはグリーン・ホワイトの2色。2月中旬から発売開始する。
 「Speed Wi―Fi HOME L01」(ファーウェイ製)
 コンセントにつなぐだけで、工事不要ですぐに高速インターネットアクセスが可能な誰でも気軽に使えるホームルーター。2・4G/5GHzのWi―Fi同時利用に対応しており、一台で最大接続数40台を実現。広範囲で安定したWi―Fi通信性能を実現する。2月中旬から発売。
 「Qua station」
 自宅に設置可能な自分専用のデータストレージ。スマホやPC、タブレットなどのデータをまとめて保存。1TBの大容量データで、写真約27万枚、動画約130時間、音楽約31万曲の保存が可能。4G LTEを利用して、家に固定回線のインターネット環境がなくても外出先からいつでもどこでも保存したデータを閲覧できる。2月下旬から発売開始する。

デジタル家電一覧へ  トップページへ