デジタル家電

個人向けパソコンで7機種を投入 デル

【2017年01月25日】

写真
▲(左から)レイモンド・ワー氏、マイケル
・エリス・スミス氏、渡邊義成氏

写真
▲「New XPS 13 2-in-1」

 デルは、プレミアムノートパソコン「XPSシリーズ」の新製品となる13インチ2イン1ノートパソコン「New XPS 13 2―in―1」や、15インチノートパソコン「New XPS 15」など、コンシューマー向けノートパソコン5機種とデスクトップ2機種を1月20日から順次発売すると発表した。
 「New XPS 13 2―in―1」は、「Infinity Edge(インフィニティ エッジ)」と呼ばれる狭額縁デザインが特長のモデル。5・2㍉メートルのベゼル幅(上部・左右)により、11インチクラスの大きさの筐体で13・3インチのディスプレイサイズを実現。400nitの高輝度ディスプレイのパネルに反射防止コーティングを施した。タッチディスプレイは画面のパンやピンチアウトなどの動作にも対応。360度可動のヒンジで、4段階のポジションがとれる。
 CPUは、第7世代の「インテルCoreプロセッサー」を搭載。また、バッテリーは、業務アプリケーション使用で最長約15時間、ストリーミング動画視聴で最長約10時間使用できる。高速動作のPCIe SSD、インターフェースはUSB Type―CとThunderbolt3のマルチユースポートなどを備える。Windows Hello対応の指紋認証リーダーおよび顔認証カメラを搭載する。
 オプションの2048段階の筆圧感度による高精度なアクティブスタイラスペンを使うと、自然な手書き入力が可能。サイズは幅304×奥行199×高さ8~13・7㍉メートル、重量は約1・24㌔グラム。カラーはシルバー色。厚さ8~13・7㍉メートルの薄型サイズでもマシンからの余分な音や熱を抑える。1月20日から発売され、直販サイトの価格(以下すべて税別、配送料込み)は、15万9980円から。
 「New XPS 15」は、15インチノートパソコンで、ディスプレイは4KウルトラHD解像度(解像度1920×1080)や、第7世代の「インテルCoreプロセッサー NVIDIA Pascal」などを搭載。256GBのPcleSSDメモリや、USBType―CとThunderbolt3のマルチユースポート、指紋認証リーダーなど搭載。カラーはシルバーのみ。発売は2月上旬予定で、価格は17万9980円から。
 「New Inspiron 14 3000」は、Inspironの14・0型スタンダードモデル。第7世代インテルCoreプロセッサーを搭載するほか、1366×768HDのディスプレイなどが特徴。価格は4万2980円。
 「New Inspiron 15 ゲーミング」は、専用の前後方排熱口、デュアルファン、特大口径パイプ、熱交換器によりすべてのパーツを冷却し、長時間にわたりゲームを実行できる。第7世代インテルクアッドコアHクラスプロセッサーと、高精細なゲーム画像や陰影を映し出すNVIDIA Pascalグラフィックス「GeForceGTX1050Ti」を搭載。オーディオには「Waves Maxx Audio Pro」を採用し、高音質の音響で3次元映像をよりリアルに体感させる。レッド・ブラックの2色を展開する。サイズは幅384・9×奥行274・7×高さ25・3㍉メートル、重量2・52㌔グラム。価格は10万9980円から。
 「New ALIENWARE 13」は、世界初の13インチVR対応のゲーミングノートパソコン。筐体にマグネシウム合金などを使い、330×奥行269×高さ24㍉メートルの薄型設計を実現。クアッドコア Hクラスプロセッサーを搭載。10万対1のコントラスト比、1msの応答速度、400nitの輝度、広色域の有機ELディスプレイパネル(OLED)など。カラーはエピックシルバー、価格は13万9980円から。
 デスクトップでは、最新の第7世代インテルCOREi5プロセッサーを搭載したミニタワー「New Inspironデスクトップ」と、ミッド型のゲーミングデスクトップ「New ALIENWARE Aurora」の2台をリリースする。「New Inspironデスクトップ」は1月20日から発売開始している。価格は7万6980円。「New ALIENWARE Aurora」は最新世代のNVIDA GeForce GTXグラフィックスカードを搭載。また、インテルCoreプロセッサーにより、Cinebench R15 CPUで最大10%、3DMark Time Spy CPUでは最大18%パフォーマンスが向上したとしている。2月上旬発売、価格は12万9980円から。
 デルは1月20日、都内で発表会を開き、ビジネス&コンシューマー事業統括本部長の渡邊義成氏と、米国のマーケティング担当シニアバイスプレジデントのレイモンド・ワー氏、コンシューマパフォーマンス・インダストリアルデザイン担当バイスプレジデントのマイケル・エリス・スミス氏が登壇した。
 渡邊氏は、新機投入により「PC業界の活性化に貢献できる」と今後の展開に意欲を示した。また、レイモンド・ワー氏は、注目の「New XPS 13 2―in―1」について、「世界最小の13型2イン1ノートブックだ」とPR。マイケル・エリス・スミス氏は、『New ALIENWARE 13』について「側面と背面部分が合わさるデザインで、ライティングを施し横から見ても美しく仕上げた」などと特長説明した。

デジタル家電一覧へ  トップページへ