デジタル家電

4K画質で全天球VR映像の撮影を実現 マスプロ電工

【2017年03月01日】

写真
▲ 「KODAK PIXPRO 4K VR 360」とBluetoothリモコン
写真
▲ 2つの4Kデジタルレンズを搭載
写真
▲ 画角の違う2つのレンズで360度全天球をカバーする
写真
▲ 映像の多彩な表現方法(VRモード)
写真
▲ 映像の多彩な表現方法(FRONTモード)
   写真
  ▲ 説明するマスプロ電工の藤ヶ谷
   明夫取締役

 マスプロ電工は、4K画質で360度の全天球撮影が可能なアクションカメラ「KODAK PIXPRO 4KVR360」を4月下旬から発売すると発表した。販売は大手家電量販店の店頭とウェブショップ、マスプロ電工の直販サイトなど。価格はオープン価格だが、マスプロ電工直販サイトの販売価格は税別5万9500円。

 「KODAK PIXPRO 4KVR360」は、本体の前後に画角の異なる2つの4Kデュアルレンズ(155度と235度)を搭載したアクションカメラで、1台で死角のない全天球VR映像が撮影できる。また、2068万画素の1/2・3裏面照射型CMOSセンサーを2つ備える。4K相当(3840×1920/24fps)の高精細撮影を実現した。
 画角が違う2つのレンズを搭載したことで、スティッチラインが目立ちにくい。また、2つの広角レンズを使った「VRモード」、画角155度のレンズを使用して自然な4K映像が撮影できる「FRONTモード」、画角235度の超広角レンズを使った「GLOBALモード」の3つの撮影モードの選択が可能となった。
 「VRモード」では、カメラ内で映像の合成ができ、撮影したその場で全天球VR映像の出力が可能に。映像の表現も「Little Planet」「Fish eye」「Equirectangular」「Magic Flat」から選べる。
 「FRONTモード」では、「静止画」「動画」「ハイスピード」「セルフタイマー」などの撮影機能が選択可能に。「動画」では30フレームの4K撮影に対応。「静止画」は最大7360×3680(2:1)で撮影できる。
 「GLOBALモード」では、従来機の「SP360」と「SP360 4K」と同じ、「Little Planet」「Fish eye」「Equirectangular」「Panorama」「Magic Flat」「Quad」「DOME」「Ring」「Seg」「Throw―out」「Global(1:1)」「Front(4:3)」「Front(16:9)」「Extraction」の11種類の編集パターンにより映像を変換できる。
 本機とパソコンを接続して、専用ソフトウェアを使えば、PCで遠隔操作できる。画像の再生や編集ができるほか、YouTubeの360度動画規格対応の映像も簡単に変換できる。さらに、スマートフォンでも、本機とスマホをWi―Fi接続して、専用アプリを使うことで遠隔操作が可能に。ライブストリーミング機能を搭載しているので、HDMIやUVCへのライブ映像出力も可能だ。
 内蔵メモリはマイクロSD/SDHC/SDXCに対応。IPX5相当の防水性、IP6X相当の防塵性、地上2メートルの耐衝撃性能を備える。
 本体は(幅)55×(高さ)55×(奥行)66.9㍉メートル、重量約156㌘のコンパクトサイズで、バックライト機能を追加した1インチLCDモニターを搭載。また、エッジ部にライトがつくので、暗い場所での視認性がアップ。Bluetooth対応で、付属のリモコンを使っても遠隔操作できる。
 マスプロ電工は発売に先駆けて、横浜市のランドマークタワーで新製品発表会を開き、カメラ事業プロジェクトを統括する藤ヶ谷明夫取締役らが出席した。
 藤ヶ谷取締役は「2014年に水平方向360度動画撮影できる『SP360』を発売し、2015年には世界初となる4K360度ムービー対応機を発売しました。そして今年4月にいよいよ、技術の集大成とも言える、4K相当でVR全天球動画が撮影できるモデルを発売することになりました」と新製品投入を発表した。
 また、これまでを振り返り「発売から2年が経過して、初年度8000台の販売を達成し、2年目には約1万台の売上実績をあげることができました。販売ルートも量販店の7法人約1000店で取り扱っていただき、新たにスポーツ店等でも販売が開始されたところ」と説明。
 さらに、今後の展開に向けて利用者へのアンケート調査(調査機関:2016年12月~2017年1月、対象:1102人)を実施したと報告。「回答者の91%が男性で、年代別では40代が最も多かった。購入目的では旅行先の景色やオートバイ、車の撮影などが多く、購入目的にマッチした販売ルートの確立と訴求展開をしていきたい」と述べ、新機発売に向け展開を図っていきたいとした。その取り組みの一つとして、新製品発売を記念した発売記念セールを実施する。発売日から5月31日の期間中、対象機種購入者へ専用バッテリーをプレゼントするキャンペーンを実施するとした。

デジタル家電一覧へ  トップページへ