デジタル家電

座るだけで体幹トレーニングができる パナソニック

【2017年03月01日】

写真
▲ (左から)川治課長、小田教授、木場氏
写真
▲ 「コアトレチェアEU-JC70」
写真
▲ 筋電図モニタリングによる実演の様子

 パナソニックは、座ってバランスをとるだけで手軽に体幹の筋肉を鍛えることができる体幹トレーニング機器「コアトレチェア EU―JC70」を2月下旬から発売すると発表した。価格はオープン価格だが、店頭予想価格は税別30万円前後。カラーはレッドとブラウンの2色。インテリア性の高いデザインでリビングチェアとしても使える。
 発売に先駆けてプレス向けセミナーが開かれ、開発担当者によるプレゼンや、筋電図モニタリングをつけながらの実演が行われ、体幹部の筋肉が効果的に運動している様子が披露された。
 「コアトレチェア EU―JC70」は、V字に動き揺れる座面に対し、反射的にバランスをとろうとする力によって体幹(コア)トレーニングができるチェア型のトレーニング機器だ。
 体幹トレーニングの第一人者であるプロトレーナーで、コアトレチェアを監修した木場克己氏は、「インナーマッスルを鍛えるには知識を持ったトレーナーがいないと難しい。正しい知識を持ってトレーニングをするのが重要だ」と述べ、自身が監修した「コアトレチェアでは全身を鍛える「全身コアトレ」のほか、くびれをつくる「おなか・ウエスト」、下半身を集中的に鍛える「下腹・骨盤底筋」の3つのコースに、それぞれ「強」と「弱」がある6つの自動コースを設定。初心者でもいすに座っているだけで本格的なトレーニングが受けられるとPRした。
 実演では、筋電モニターを付けたトレーナーによるデモが行われた。筋電モニターには、コアトレチェアの運動に合わせて、体幹近くにあるインナーマッスルが刺激され鍛えられている様子が表示。音声ガイドに従って体勢を変えると鍛える筋肉も変わり、コース設定による高い運動効果が示された。
 開発を担当したパナソニックアプライアンス社ビューティ・リビング事業部の川治久邦課長は、「プログラム自体、メリハリのあるトレーニングが中心となっていて大きな効果が見込まれる」と説明。また、大阪電気通信大学医療福祉工学部理学療法学科・小田邦彦教授は、コアトレチェアについて「骨盤を傾けて、正常な姿勢からずらすことで、反射運動を誘発させている。骨盤をしっかり支えて、つかむエアバッグがあり、安定性も優れている。ほかにはない機器」と話した。

デジタル家電一覧へ  トップページへ