デジタル家電

4K対応ブルーレイディスクレコーダー シャープ

【2017年03月03日】

写真

 シャープは、次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD ブルーレイ」の再生対応など、高画質映像を追求したブルーレイディスクレコーダー『AQUOSブルーレイ』からハードディスクの容量が3TBの「BD―UT3100」と2TBの「BD―UT2100」、1TBの「BD―UT1100(1TB)」の3機種を3月24日に発売すると発表した。
 価格はオープン価格だが、税別の市場予想価格は「BD―UT3100」が12万円前後、「BD―UT2100」が10万円前後、「BD―UT1100」が9万円前後。  本機は、4Kの高解像度と高輝度「HDR(ハイダイナミックレンジ)」、広色域「BT.2020」に対応し、高精細で質感のあるハイクオリティーな映像再生を実現した「Ultra HDブルーレイ」の再生が可能だ。
 また、レコーダーからの映像信号を4Kの高解像度で出力できる「4K60pアップコンバート」機能や、高精細な文字表示や番組・人物の画像付き表示などで見やすく便利になった業界初の「4Kビジュアル番組表」を搭載している。
 さらに、新作の連続ドラマを自動で録画できると好評な「ドラ丸」や、子画面で番組の見たいシーンを素早く探せる「見どころポップアップ」など、便利に使いこなせる機能も充実している。
 ※特長は次の通り。
 1.4Kの高解像度、高輝度「HDR(ハイダイナミックレンジ)」、広色域「BT.2020」の美しい映像が楽しめる「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応 で、従来のブルーレイディスクを超える美しい映像が楽しめる。フルハイビジョンの4倍(3840×2160画素)の高解像度で、より自然に近い細部まで緻密な美しい映像表現を実現した。また、従来のブルーレイディスクの輝度ピーク(100nit)に対し、最大1000〜10000nitまで大幅に拡大。明暗の表現力が向上することで、奥行き感や質感をリアルに映し出す。4K/8K放送用に策定された広色域信号「1TU―R BT.2020規格」に対応。従来ブルーレイディスクの規格(BT.709)に比べ色の表現範囲が大幅に拡がった。
 2.ハイビジョン放送なども4の高解像度で楽しめる「4K60pアップコンバート」機能に対応:最新の高効率動画圧縮技術HEVC(H.265)による最大100Mbpsの映像信号に対応し、「Ultra HD ブルーレイ」の再生や、高画質・高速化を実現する新エンジン「4KマスターエンジンBD―PRO」を搭載。4K60pの美しい映像の再生やBDソフトの読み込み、ダビングもスピードアップを実現した。また、防振スタビライザーを採用した新開発の「Ultra HDブルーレイ対応BDドライブ」の搭載により、高速回転時の気になる振動や風切り音の抑え込みを実現した。
 3.4Kテレビに適した高精細な文字表示や画像付きで使いやすい業界初の「4Kビジュアル番組表」を搭載:4Kテレビに適した文字フォントで、4Kテレビの表示サイズに合わせた番組表を新たに開発。細かな文字も見やすく高精細で表示する。また、通常の番組表の他に、放送中の番組を表示する「裏番組表」や、各放送局のおすすめ番組を表示する「おすすめ・特集」などでは、番組や出演者の情報を画像付きで表示ができる。
 4.地上デジタル/BSデジタル放送の新作連続ドラマを自動で4週間分録画できる「ドラ丸」:「ドラ丸」の設定を「入」にすれば、地上デジタル/BSデジタル放送の番組表情報から新作連続ドラマ(またはアニメ、バラエティ)を、専用の「ドラ丸リスト」に自動でリストアップする。リストアップされた番組は、4週間分が自動で録画されるので、放送後に話題になった番組などもさかのぼって視聴可能。定期的に番組改編が行われる連続ドラマなどを録り逃すことがないので、便利に使用できる。
 5.静止画で見たいシーンが簡単に探せる「見どころポップアップ」搭載:番組の再生中にリモコンの「(ポップアップ)メニュー」ボタンを押せば、録画番組を静止画で約5分ごとに子画面表示。早送りしなくても番組の内容がわかるので、見たいシーンからすぐに再生できる。

デジタル家電一覧へ  トップページへ