デジタル家電

〝安倍マリオ〟衣装も展示 東京2020に向けた特別展を開催 パナソニック

20171014日】

写真 1
ブース全景

写真 2
セレモニーで実際に使用された〝安倍マリオ〟衣装

写真 3
「みんなの熱が未来をつくる」展示

 パナソニックは、パナソニックセンター(東京都江東区)にて10月14日から12月9日まで東京2020プログラム「いっしょに、TOKYOをつくろう。」の第2弾として、特別企画展「The Passions~みんなの熱が未来をつくる~」を開催した。
 同特別企画展は、国際オリンピック委員会(IOC)の協力のもと、1964年に開催された東京五輪の映像や、アイテムを紹介。また公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会をはじめとする関係団体と連携し、3つのブースに分けて紹介する。
 1964年に開催された東京五輪のポスターやロゴマーク作成に関わったクリエイターたちの〝つくる〟という熱い想いのエピソードなどを紹介する「The Passions Toward 1964」、また2020年の東京五輪に向けた取り組みを紹介する「The Passions Toward 2020」では、エンブレムにデザイナーが込めた思いのパネル展示や新国立競技場の映像を紹介。そして2016年に開催されたリオデジャネイロ五輪のフラッグハンドオーバーセレモニーで実際に使用された〝安倍マリオ〟コスチュームやダンサーの衣装などを初公開するとしている。
 また、「インタラクティブアート エクスペリエンス」として、1964年の東京五輪で考案され以降の大会でも使用され続けているピクトグラムを題材に、各競技やさまざまな感情・気持ちを体で表現、オリジナルのピクトグラムを作成できる「みんなのピクト」や、同社のセンサー技術で心拍などを計測しいくつかの質問によって来場者の「熱=Passion」を数値化しモニター上に映し出す「みんなの熱が未来をつくる」を展示するとしている。
 同社は1988年カルガリー冬季五輪大会以降、IOCのTOP(最高位のオリンピックスポンサー)プログラムに参加しており、「これからも世界中の人々とオリンピックの感動を分かち合う〝Sharing the Passion〟をスローガンに、商品・技術を通じてオリンピックの成功に貢献していく」と力を込めている。

デジタル家電一覧へ  トップページへ