デジタル家電

「いい買物の日」大規模セール開催 94社192ブランドが参加 ヤフー、ソフトバンクら

20171016日】

写真 1
ヤフー副社長執行役員兼最高責任者権コマースグループ長川邊健太郎氏(右から4番目)ら登壇者

写真 2
小島瑠璃子さんとピコ太郎氏

 ヤフー、ソフトバンクをはじめとする「いい買物の日実行委員会」は10月16日、流通小売業者、Eコマース事業者、飲食事業者などさまざまな領域の94社192ブランドが企業の枠を越え、リアル・ネット双方の各店舗・サービスにおいて大規模セールなどを順次展開する「いい買物の日」キャンペーンを10月17日より順次開催すると発表した。
 同キャンペーンにはヤフー、ソフトバンク、TSUTAYA、ファミリーマート、JXTGエネルギー、ドトールコーヒー、ウェルシア薬局、青山商事、マルエツ、アルペン、アシックスジャパン、島忠などが参加。「いい買物の日」を記念し、「Tポイント1000万ポイント」や「メルセデス・ベンツCLA180 AMG Style」など、豪華商品が当たる「いい買物の日くじ」を参画企業横断企画として開催。日替わりで総額3億円規模の商品が用意されている。
 個別のキャンペーンとしては、ヤフーショッピングではポイント11倍キャンペーン、ソフトバンクおよびワイモバイルでは同社の利用者が11月11日にYahoo!ショッピングかLOHACOで買物をするとポイントが16倍になるなど、期間中に大規模セールや企業の枠を越えたキャンペーンを開催するとしている。同委員会は「リアルでもネットでも〝いい買物〟による喜びが日本中にあふれる状態をつくるとともに、国内の消費マインドの向上に貢献していきたい」としている。
 また、会見後には女優の小島瑠璃子さんとピコ太郎氏が登場。買物にまつわるトークを披露し、会場を大いに沸かせた。
 「いい買い物の日」は2015年にヤフー、ソフトバンク、Tポイント・ジャパン、TSUTAYA、ファミリーマートの5社が一体となり11月11日を「いい買物の日」に制定したことに由来。昨年度は39社78ブランドが参加し、今年は過去最大の規模となった。

デジタル家電一覧へ  トップページへ