デジタル家電

「速さ」「心地よさ」「デザイン」重視のPC フラッグシップモデル2タイプを販売 NEC

20171017日】

写真 1
河島氏(右)と森部氏(左)と飯塚氏(中)

 NECパーソナルコンピュータは10月17日、フラッグシップモデルとなるPC「LAVIE Note NEXT」シリーズの2タイプ13モデルを10月19日より販売を開始すると発表した。
 同シリーズの開発にあたり「既存の延長線上の製品では買ってもらえない」としてPCに搭載する機能を再定義。同社執行役員の河島良輔氏は「速さ、心地よさ、デザインの3つを重視して開発した」としている。
 LAVIE Note NEXTはユーザーとパソコンの間のコミュニケーションに必要な最低限の要素を改めて考え、ディスプレイ、キーボード、タッチパッド以外のボタンやスピーカーなどの要素を極力そぎ落とし、「〝積層された紙の束のようなソリッドなデザイン〟をコンセプトとした」と同社商品企画本部UXエバンジェリストの森部浩至氏は話している。ディスプレイの狭額縁化により、フットプリントを従来機より15%小型化。画面への没入感を高めることに成功した。
 快適な操作性の鍵となるキーボードは全てのキーを個別に計測・評価することで均質で心地よい打鍵感を実現。不快なたわみを排除するためにキートップ構造を見直し、27個のネジと金属板でキーボードを固定している。さらに電源ボタンにWindows Hello対応指紋認証を搭載。起動から作業開始までの時間と手間を短縮するとしている。
 CPUなどの基本性能としては、前世代と比較して40%のパフォーマンス向上に成功した第8世代のクアッドコアCPUを搭載。上位モデルには高速SSDのPCleを採用しており、OS起動は約10.6秒。ストレスをかけずにPC操作が可能となっている。
 また、同社は「LAVIE Note NEXT」デビューキャンペーンを行っており、10月17日から11月16日までに同シリーズを購入するとカタログギフト5000円相当の商品をプレゼントするとしている。
 また、TVCMも同時に公開。アーティスト「H ZETTRIO」の本物のパフォーマンスと同シリーズの上質な製品の融合をコンセプトに制作している。加えて、発表会には陸上選手の飯塚翔太選手が登壇。森部氏とのトークセッションを行った。
 価格はいずれもオープン価格だが、市場想定価格は「NX850/JA」モデルが20万9800円(税別)、「NX750/JA」モデルが19万9800円(税別)、「NX550/JA」モデルとスタンダードモデルの「NS700/JA」モデルが17万9800円(税別)となっている。

デジタル家電一覧へ  トップページへ