デジタル家電

アマゾンとグーグルのAIを搭載、2タイプのスマートスピーカー発表 オンキヨー&パイオニア

20171130日】

写真 1
「P3」を持つ荒木健社長(左)と「G3」を持つ宮崎武雄室長

 オンキヨーとオンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは11月30日、ギブソンブランドショールーム(東京都中央区八重洲)で、AIを搭載した「スマートスピーカー」のメディア向け試聴体験イベントを開催した。イベントでは、同社がサードパーティとして提供する2種のスマートスピーカー「G3」と「P3」の機能や音質などを紹介した。
 「G3」は、米グーグル社のAI「グーグル・アシスタント」を搭載したスマートスピーカー。直方体の筐体で色はブラックとホワイトの2タイプ。高効率なスイッチングアンプと新設計のカスタムウーファーを搭載し、コンパクトサイズでも大型スピーカーのような豊かな高音質再生を実現する。人の声を感知するマイクは、筐体から浮かせて振動を抑制させるフローティング構造を採用、音楽を楽しんでいる際に話しかけても応答の良さを可能にした。機能面では、天気予報・ニュースの読み上げ、カレンダーの確認などが行えるほか、「クロームキャスト・ビルト・イン」を搭載するオンキョー、パイオニアの音響機器等と連携し、音楽やラジオをストリーミング再生する。
 「P3」は、米アマゾンのAI「アレクサ」を搭載したスマートスピーカー。楕円柱状の筐体で色はブラックのみ。2・5インチフルレンジウーファー、パッシブラジエーターを搭載し、パンチのある「アメリカンなサウンド」が特徴。機能面では「G3」と同様、音楽ストリーミングサービスの選曲・再生、各質問への応答、ニュースの読み上げなどが行える。またネットワーク機能「Play―Fi」を搭載しており、対応機器と連携して音楽を送信するほか、マルチルーム機能(複数のオーディオ機器を一括コントロール)を利用できる。
 「G3」はすでに出荷済みで価格は2万5000円(税別)前後。「P3」は現在、アマゾンサイトで招待された人のみが購入できる形をとっており、家電量販店には来年並ぶ見込み。価格は3万2000円前後(税別)を予定している。
 イベントに出席したオンキヨーAI/IoT事業戦略室の宮崎武雄室長は今回のスマートスピーカーを「音楽を聴く機会を増やすもの」と定義し、「音声を使うことで音楽を聴く行為がものすごく簡単になる。従来の“聴くスピーカー”から“使うスピーカー”へ進化し、新たな音楽シーンが生まれるのではないか」と期待感を示した。
 また、オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンの荒木健社長は国内での販売戦略について「スマートスピーカーは、ネットにつながるIoT家電の操作やウェブとの連携を通じて、ユーザーの生活へ浸透すると期待されている。当社は天井へ埋め込むスピーカーやキッチンへのビルトイン、浴室への導入など、宅内のさまざまな場所へスマートスピーカーが導入される未来像を描いており、そこに向けた製品や、他社との関係作りを進めていく」と今後の展望を語った。

デジタル家電一覧へ  トップページへ