デジタル家電

新携帯電話料金プラン発表 長期契約で月額基本料は1480円から 楽天

2018614日】

写真 1
大尾嘉宏人氏

 楽天は6月14日に都内で記者会見を開催し、MVNOブランド「楽天モバイル」にデータ通信容量無制限と国内通話定額サービスがセットになった料金プラン「スーパーホーダイ」の内容をリニューアルし、また同時に2回線目以降に適用される特典を拡充する「プラス割キャンペーン」を同日20時より実施した。
 リニューアルした料金プラン「スーパーホーダイ」は、契約の最低利用期間を1年・2年・3年の中から選択することができ、3年を選んだ場合には2年間の月額基本料から毎月1000円、2年を選んだ場合には2年間の月額基本料から毎月500円を割り引く「長期割」が適用される。また、同料金プランとセットになっている通話定額サービスの1回当たりの通話時間の上限が5分間から10分間に7月1日より延長され、楽天会員の場合は「楽天会員割」で最低利用期間に関係なく、2年間500円の割引が適用される。さらに、新たなプランとして高速通信容量が月上限24GBの「プランLL」が登場した。
 実質的な基本料金は契約年数3年の場合は高速通信容量が月上限2GBのプランSだと1480円(税別)、月上限6GBだと2480円(税別)、月上限14GBのプランLだと4480円(税別)、月上限24GBのプランLLだと5480円(税別)となる。さらに、楽天ダイヤモンド会員であれば、1年目の対象月(開通1ヶ月目から換算して最大12ヶ月目まで。会員ランクがダイヤモンド会員の月に限る)の月額基本料はさらに500円割引となることから、プランSでの月額基本料は980円(税別)となる。
 「プラス割キャンペーン」は、従来実施していた2回線目の事務手数料と月額基本料3ヵ月分が無料になる特典に加えて、2回線目に通話SIMと端末をセットで契約した場合は、同キャンペーン対象のスマートフォン本体が最低1円となり、それ以外の機種は1万円引きで購入可能となる。
 同社執行役員の大尾嘉宏人氏は「今回の新料金プランは、乗り換えるお客様や乗り換えを検討中のお客様にも満足していただけるプランになっていると思います。楽天モバイルは今後もお客様を第一に良いサービスを提供していきたいと考えております」と自信を覗かせている。
 また、2019年10月にMNO参入を表明している同社だが、MNO参入後の楽天モバイル事業計画について質問されると「MNOは良質なネットワークを作っていくので、最終的には楽天モバイルのユーザーもMNOに移行してもらえればと思っています。ただ、現行の楽天モバイルユーザーには不利にはしませんし、移行にはメリットがあるようにしていきます。安心して3年のプランを利用してもらいたい」と話している。

デジタル家電一覧へ  トップページへ