Amazon Alexaに対応 「au HOME」の新機能が拡充 KDDI|電波タイムズ

デジタル家電

Amazon Alexaに対応 「au HOME」の新機能が拡充 KDDI

2018718日】

写真 1
アプリ上で遠隔距離通信も可能に

写真 2
新発売する各種センサー

写真 3
新たに「Amazon Alexa」にも対応した

 KDDIおよび沖縄セルラーは7月18日に都内で記者会見を開催し、同社ホームIoTサービス「au HOME」にデバイスや新機能の拡充、「Amazon Alexa」への対応、「Google Home」との連携強化などを8月7日より順次搭載していくことを発表した。
 記者会見で「au Home」の新機能を発表した同社ホームIoT企画部サービス企画1Gマネージャーの菅原弘晃氏は「スマートスピーカーとの連携強化」「センサー情報から家電を自動で操作」「デザイン性の高いIoTデバイス」の3点が今夏の新機能追加の柱として挙げた。
 「スマートスピーカーとの連携強化」は、自宅で「Google Home」に伝えたいメッセージを話しかけることで、登録しているスマートフォンのau Homeアプリに通知が行き、話しかけたメッセージ内容がアプリ側で表示される。また、同サービス対応のネットワークカメラデバイスを利用することで、自宅映像をスマートフォンに表示しながらのカメラ通話も可能。菅原氏は「『Google Home』を基点に『au Home』とスマートフォンとのコミュニケーションをとることも可能になります」と話し、スマートフォンを使用しなくてもスマートフォンとの連絡が可能になるほか、緊急時にアプリでカメラを起動し、警備会社への連絡といった利用方法も想定しているという。
 「Amazon Alexa」との連携では同機を介して照明やエアコン、テレビのON/OFFが可能となっている。菅原氏は「『Google Home』に次いで新たに『Amazon Alexa』にも対応したことで、国内のスマートスピーカーのかなりの数に対応できたのではないか」と語っている。
 「センサー情報から家電を自動で操作」は、玄関のドアが開いたことと連携してリビングの照明やエアコンがONになる「シーン設定機能」を追加。従来はスマートフォンを介して各家電の操作を行っていたが、新機能によりスマートフォンを使うことなく各種家電の操作を行うことができるようになる。
 「デザイン性の高いIoTデバイス」は、「開閉センサー02」と「モーションセンサー01」、「スマートプラグ02」、「ネットワークカメラ02」の4種をヨーロッパのメーカー3社から導入。「ネットワークカメラ02」はIPX3準拠の防滴性能を持つため、屋外に設置して自転車などの監視やペットのモニター用途にも利用することができる。
 また、新機能追加に伴い新料金プランも設定されており、スマートスピーカーとの連携用の料金プランとして「赤外線リモコン01」がセットとなった月額790円(税別)のプランも登場。既にスマートスピーカーを所有しているユーザーや好きなスマートスピーカーを利用したいというニーズもあることから、スマートスピーカーは別途購入する必要がある。
 各新機能の提供開始日は、「Google Home」を利用した新たなコミュニケーションの追加および「Amazon Alexa」・「Googleアシスタント」対応スピーカーとの連携、新料金プラン追加が8月7日で、「シーン設定機能」の追加は8月下旬以降を予定。各デバイスの価格(税別)および提供時期は、8月以降発売予定の「モーションセンサー01」が6600円、9月以降発売予定の「開閉センサー02」が6000円、「スマートプラグ02」が6600円、「ネットワークカメラ02」が1万9300円となっている。

デジタル家電一覧へ  トップページへ