タクシー事業者向けプラットフォームを今秋開始 タクシー配車やアプリ決済が可能 ソフトバンク|電波タイムズ

デジタル家電

タクシー事業者向けプラットフォームを今秋開始 タクシー配車やアプリ決済が可能 ソフトバンク

2018719日】

写真 1
左からDiDiモヂリティジャパン代表取締役のStephen Zhu氏、宮内謙氏、Jean Liuさん、ソフトバンク常務執行役員の菅野圭吾氏

 ソフトバンクは7月19日に都内で記者会見を開催し、世界最大級の交通プラットフォームを手掛ける滴滴出行(DiDi)とDiDiモビリティジャパンを設立し、Aiとデータ分析技術を活用したタクシー事業者向けプラットフォームを2018年より順次展開すると発表した。
 同プラットフォームは、タクシー事業者向けの管理コンソールやタクシードライバー向けのアプリケーションといったサービスと、タクシー利用客向けサービスの2点で構成。タクシー事業者向けのサービスは、配車状況やドライバーの稼働状況などの管理を管理コンソール上で行えるというもの。また、乗客からのドライバー評価を同コンソールで確認することもできるため、タクシーサービス向上に役立てることが可能となる。
 乗客向けのサービスは、専用アプリをスマートフォンにインストールすることでタクシーの配車サービスを利用可能となるほか、乗車場所へのタクシー到着予測時刻の確認やアプリを用いたタクシー料金の自動決済、タクシードライバーとの日本語・中国語の自動翻訳機能といったサービスが提供される。
 DiDiとの協業についてソフトバンク代表取締役社長執行役員兼CEOの宮内謙氏は「この合弁会社を通して、DiDiの最先端の交通プラットフォームサービスを日本市場に提供できることを大変うれしく思います。DiDIの卓越した技術革新力と当社の最先端の通信インフラを含む強固な事業基盤を融合させることで、日本の消費者とタクシー業界の方々へ新しい価値を提供できると確信しています。この協業により、我々のパワーをフルに活用して手伝いたい」と力を込めた。
 DiDiの社長を務めるJean Liuさんは「東京のタクシードライバーは非常にフレンドリーに感じます。タクシー業界とスマートシティを自治体とともに提供し、ソフトバンクとのテクノロジーにも期待しています」と話している。
 DiDiは「DiDi Taxi」や「DiDi Express」、「DiDi Premier」といった交通プラットフォームアプリを手掛ける会社。ユーザー数は5・5億人、1日当たりの乗車数は3000万件に達し、世界各国でタクシー配車サービスやカーシェアリングサービスなどを展開している。
 サービスは今秋から大阪、京都、福岡、沖縄、東京といった主要都市でのトライアルとして無償で提供される。

デジタル家電一覧へ  トップページへ