XRスポーツ観戦プラットフォームを提供 第一弾はパ・リーグ公式戦を中継 KDDI|電波タイムズ

デジタル家電

XRスポーツ観戦プラットフォームを提供 第一弾はパ・リーグ公式戦を中継 KDDI

2018725日】

写真 1
VR上の画面イメージ

 KDDIはSupership(東京都港区、森岡康一社長)と7月25日より新たなスタジアム観戦VRプラットフォーム「XRstadium」の提供を開始し、同サービスを用いて日本プロ野球パシフィック・リーグ2018年シーズンにおける7月27日以降の30試合を「パーソル パ・リーグTV VR」として3次元でのリアルタイムライブ中継および、ビデオ配信を行うと発表した。
 同サービスは、スポーツや音楽などをスタジアムで観戦する体験をXR技術を用いることで、自宅などからVR空間で楽しむことを可能にしたスタジアム観戦VRプラットフォーム。VRにおける空間伝送や通信・撮影技術、UIUXでのリアリティ感の再現などの課題をSupership独自の技術により、スポーツや音楽ファンが3次元のリアルタイム中継を通じて、あらゆる場所で自身のスタイルに合わせた形で現地の臨場感あふれるエンターテインメント体験を楽しむことが可能となるプラットフォーム。
 提供コンテンツ第一弾となる「パーソル パ・リーグTV VR」では、VR空間の観戦用に撮り下ろす複数のカメラアングルが提供されるため、「XRstadium」を体験するユーザー自身のタイミングで自由に視点を切り替えて観戦ができるほか、試合の速報や選手情報、シーズンのスタッツなど試合にまつわる各種情報を閲覧しながら試合観戦を行うことができる。さらに、VR空間内においても、離れた場所にいる家族や友人のアバターが隣席に表示され、それぞれと音声で会話をしながらのスポーツ観戦も可能となるコミュニケーション機能も搭載している。
 同コンテンツは、インターピア(東京都渋谷区、楠岡仁志社長)とeje(東京都港区、三代千晶代表取締役)が運営する常設型のVRコンテンツ視聴体験サービス「VR THEATER」での配信が予定されており、複合カフェの快活CLUBにて提供されている「『VR THEATER』見放題プラン」にもコンテンツが配信される。
 「XRstadium」アプリのダウンロードは無料。利用可能なデバイスは、Oculus Go、Gear VR、Android 5・0 Lollipop以上対応のVRゴーグルで、Mirage SoloとDaydream Viewは順次対応予定。

デジタル家電一覧へ  トップページへ