デジタル家電

どこでも見られるポータブルテレビ発売 「COCORO KITCHEN」との連携も シャープ

2018827日】

写真 1
「2T―C16AP」

写真 2
防水性能も完備

写真 3
スリムハンドルスタンドで持ち運びも簡単

写真 4
「COCORO KITCHEN」と連携して、ヘルシオにレシピを転送可能

 シャープは8月27日、持ち運び可能なポータブル液晶テレビ「AQUOSポータブル」3機種を9月20日より発売すると発表した。
 ラインアップは、上位モデルの「2T―C16AP」と「2T―C12AP」の2機種と、エントリーモデルの「2T―C12AF」の1機種。
 両機種ともにIPX6/7の防水性能となっており、画面には撥水コーティングが施されているため、風呂場やキッチンなどの水回りでも安心して視聴可能。撥水コーティングが施されているため、指紋や油汚れなどが付着しても拭き取るだけで簡単に掃除でき、充電口やイヤホンジャックといった差込口は防水キャップによって保護されているため、本体の水洗いも可能となっている。
 ディスプレイはテレビ専用に設計されたパネルを採用しており、PC用のパネルと比較して高輝度・広色域で視野角も広いことから、風呂場やキッチン、ダイニング、寝室など利用シーンごとで異なる視点からのテレビ視聴にも対応している。
 上位モデルの「2T―C16AP」および「2T―C12AP」には、片手で楽に持ち運びが可能となるスリムハンドルスタンドを搭載し、本体質量も16V型が約1・36㌔㌘、12V型が約0・97㌔㌘と軽量なことから、ハンドルスタンドをフックに掛ける壁掛け利用も可能。素材には高機能樹脂を採用し、モニター部の外周にはクッション性の高い素材でプロテクションされている。
 テレビ画面はタッチパネルディスプレイのため、リモコンを利用しないでも選局や音量操作を簡単に操作できるほか、番組表のスワイプや各種設定もタッチで可能。また、チューナー部には500GBのHDDとデジタル2チューナーを内蔵。裏番組録画も行え、別売りのUSB外付けHDDを接続することで録画容量を増やせられる。
 同社AIoTサービスの「COCORO KITCHEN」とも連携しており、スマートフォンから同機にレシピを転送し、テレビ画面に表示したまま料理ができるほか、テレビに表示しているレシピを「COCORO KITCHEN」に対応するウォーターオーブンの「ヘルシオ」などに転送することもできる。
 同社スマートTVシステム事業本部国内TV事業部長の宗俊昭広氏はポータブルTV市場再参入の経緯について「2KTV市場の中でポータブルTVの売り上げは17年が17万台、18年は22万台を見込むなど、ニッチですが国内で有望な市場です。当社が再参入することで、お客様の選択肢を広げて市場を大きくしていきたい」と話した。
 また、目標について宗俊氏は「世界的なスポーツイベントも続くので、2020年までに50%のシェアを獲得したい」と意欲を語っている。
 価格はオープン価格だが、市場想定価格は、「2T―C16AP」が8万円(税別)、「2T―C12AP」が6万5000円(税別)、「2T―C12AF」が4万5000円(税別)となっており、カラーはいずれもホワイトとブラックの2色が用意されている。

デジタル家電一覧へ  トップページへ