デジタル家電

日本初の国産有機ELパネル搭載 新フラッグシップスマホなど2機種発売 シャープ

2018103日】

写真 1
「AQUOS zero」

写真 2
「AQUOS sense2」

 シャープは10月3日に都内で記者会見を開催し、スマートフォンの「AQUOS zero」と「AQUOS sense2」の2機種を商品化したと発表した。
 「AQUOS zero」は、約6・2インチの有機ELパネルを搭載する新しいフラッグシップモデルで、3Dフリーフォームディスプレイを採用し、解像度はWQHD+の高解像度で、色域はDCI―P3規格で100%の広色域を実現。
 ディスプレイはバックライトが不要な有機ELディスプレイを採用し、デザイン性とタッチパネル性能を両立させる全体曲面ディスプレイを採用。また、側面はマグネシウムダイキャストから24の切削・加工工程によって製造した超軽量のマグネシウムボディや、バックパネルには鉄の5倍の強度を持つアラミド繊維で編みこんだ帝人の新素材テクノーラを使用するバックパネルなどを採用したことで、6インチ以上のディスプレイと3000mAh以上のバッテリーを持つスマートフォンの中では最軽量となる146㌘の重量を実現している。
 映像は、同社液晶テレビ「AQUOS」シリーズにも採用されている高画質化技術「リッチカラーテクノロジー」を、同機向けに色調機能を一から見直してカスタマイズする「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載しており、従来のコンテンツの色域よりもよりも広い色域を表現することが可能。CPUにはQualcommのSDM845を搭載し、RAMは6GBで、ROMは128GB。OSはAndroid9・0。充電ICを並列で搭載することで発熱を抑える「パラレル充電」を採用し、バッテリーは3130mAh。カメラは2260万画素数でレンズはF値1・9、インカメラは約800万画素。IPX5/IPX8/IP6X相当の防水・防塵性能のほか、指紋認証や顔認証機能も装備している。
 「AQUOS sense2」は、18:9の約5・5インチのIGZO液晶ディスプレイを搭載したスタンダードモデルで、解像度はFHD+。最大輝度が従来機種よりも47%向上したほか、「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載している。本体サイズは前モデルと変わらないが、アプリケーションの表示領域は約23%拡大し、IGZOディスプレイの省電力性能が向上したため、消費電力は約21%減少した。
 メインカメラは約1200万画素数のアウトカメラと約800万画素数のインカメラを搭載しており、アウトカメラはピクセルサイズが従来機種と比べて約25%大型化したイメージセンサーにF値2・0の明るいレンズを採用したことで、取り込める光量が約1・5倍増え、薄暗い場所でもノイズを押さえられた質感や色味のリアルな写真を撮影できる。さらに、料理や花、夕景などの被写体やシーンをAIが自動で認識して最適な撮影モードに変更する「AIオート」機能を新たに搭載したほか、ハイスピードオートフォーカスにより、ブレを抑えた撮影も可能となっている。
 OSはAndroid8・2で、CPUは同社独自のカスタマイズを施したQualcommのSnapdragon450を採用したことでCPU性能が20%向上し、IPX5/IPX8/IP6X相当の防水・防塵性能やおサイフケータイにも対応。指紋認証や顔認証機能も搭載する。
 また、発売日から2年間は最大2回のOSバージョナップのアップデートやセキュリティの更新をサポートするほか、初めてスマートフォンを使用するユーザー向けに、文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」も用意されている。
 記者会見に登壇した同社通信事業本部本部長の中野吉朗氏は、自社のスマートフォン事業の概略について説明。今年の5月に発表したフラッグシップモデルの「AQUOS R2」や、9月末時点で出荷数がシリーズ累計200万台を超えたスタンダードモデルの「AQUOS sense」など、スマートフォン事業の売り上げは非常に好調だといい、2018年上期のAndroid搭載スマートフォン売り上げは、No.1だったという。
 好調を支える同社のスマートフォン開発のコンセプトとして「Warm&Technology」を挙げ、中野氏は「同社独自の際先端技術とユニークなイノベーションで人に寄り添うブランドを目指しております」と話し、発表した2機種について「今年の秋冬モデルは特にディスプレイを革新します。当社はIGZOやフリーフォームなどディスプレイの進化とともに新たな提案をすることで、多くのお客様からご支持いただいてきました。当社のスマートフォンこれからも技術の進化とともにAQUOSの選択肢を広めます。それが日本初の国産有機ELを搭載した『AQUOS zero』で、これからもスマートフォンを進化させていきます」と語った。
 また、スマートフォン全体の売上目標として、中野氏は「2020年までにAndroidシェアの40%超えのために、これからも挑戦を続けます」と話している。

デジタル家電一覧へ  トップページへ