デジタル家電

国内全ての通信キャリアで使用可能 拡張性の高いデュアルレンズスマホ発売 モトローラ・モビリティ・ジャパン

20181012日】

写真 1
「moto z3 Play」

写真 2
豊富な「moto mods」もラインアップ

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは10月12日に都内で記者会見を開催し、薄型大画面のデュアルレンズカメラ搭載スマートフォン「moto z3 Play」を10月13日より発売すると発表した。
 同機は6・01インチでアスペクト比18:9のFHD+解像度Max Visionディスプレイを搭載する大画面モデルで、パネルには傷のつきにくい「CORNING GORILLA GLASS」を採用し、背面は2・5Dガラス仕上げのデザイン。薄さは6・75㍉㍍と薄型で、端末側面には指紋認証センサーが配置されている。CPUはQualcommのSnapdragon636を搭載し、メモリは4GB。ストレージは64GBで、最大2TBまで拡張可能。デュアルSIMスタンバイにも対応しており、バッテリーは3000mAhで、数分で長時間の駆動が可能な18Wターボパワー充電器も同梱されている。
 メインカメラはmoto zシリーズで初となるF値1・7の1200万画素と500万画素のデュアルカメラを搭載。インカメラはLEDフラッシュ搭載の800万画素(F値2・0)で、84度の広角撮影も可能。
 独自のソフトウェアと高速オートフォーカス技術や3Dデプスセンサーといったカメラのハードとソフトを駆使した技術により、ボケのあるポートレート写真、画像の一部分をモノクロにするスポットカラー、人物などをトリミングして背景を置き換えるカットアウト機能など、高精細な撮影や手軽に画像編集まで可能となっている。さらに、連続撮影した写真を元にしてアニメーションを作成する「シネマグラフ機能」も追加されている。
 ほかにも、手首をひねることでカメラの起動、振り下ろしてライトを点灯、画面下部のホームバー上でフリック操作を行える「ワンボタンナビ」といった、動作に合わせて様々なアプリや機能を起動することができる「Motoアクション」機能など、直感的にユーザーの端末動作をアシストする同社独自の機能「motoエクスペリエンス」も搭載している。
 また、電池パックやズームレンズ、ゲームパッド、ポラロイドカメラ、プロジェクターといった別売りの同シリーズ専用拡張モジュール「moto mods」を装備することで、様々なデバイスとしても利用することができるようになる。
 motoストアでの販売価格は5万6800円となっており、カラーはディープインディゴのみ。

デジタル家電一覧へ  トップページへ