デジタル家電

au2018秋冬モデル タッチ&トライ開催 厳選5モデルを発表 KDDI

20181011日】

写真 1
映像美を実現した「Xperia XZ3」

写真 2
Sペンリモコン機能を追加した「Galaxy Note9」

写真 3
約5・5インチの大画面の「AQUOS sense2」

写真 4
スマホ使い方アプリを搭載した「LG it」

 KDDIは、「au2018秋冬モデル タッチ&トライ」を東京都千代田区のベルサール飯田橋駅前で開催し、顧客の幅広いニーズに応える、au厳選の5モデルを発表した。Xperia初となる有機ELディスプレイを搭載した「Xperia XZ3」、「Sペン」で書く・描くだけでなく、様々なアプリのリモートコントロールが可能となった「Galaxy Note9」、18:9の高精細IGZO画面で見やすく持ちやすい「AQUOS sense2」、初歩的な操作からスマホならではの機能まで学習できるau公式のスマホアプリ「auかんたんガイド」をプリインストールし、初めてスマホを使う顧客でも安心して使える「LG it」、初代「INFOBAR」発売から15周年を記念し、LINEや+メッセージなど15年分の進化を盛り込んだ4G LTEケータイ、「INFOBAR xv」の計5機種を、10月下旬以降順次発売する。
 「Xperia XZ3」は、Xperiaで初めてとなる有機ELディスプレイを搭載した。ブラビアで培った高画質技術を結集し、漆黒と光、色彩とコントラストを緻密に描き出した、引き込まれるような映像美を実現。デジタル一眼で撮ったような写真、動画を簡単に撮影可能。Xperiaを横に構えるだけで簡単にカメラを起動できる「スマートカメラ起動」も搭載。さらに、約1320万画素、F値1・9の新しいレンズを採用したサブカメラによって、うす暗いシーンのセルフィーも、明るく、きれいに撮影できる。最新OS Android 9Pie対応のハイスペックモデルで、大画面でも片手で快適に操作できる新しいユーザーインターフェイス「サイドセンス」によって、より使いやすくスマートになった。
 「Galaxy Note9」は、従来の「Sペン」に様々なアプリのリモートコントロールに対応した「Sペンリモコン」機能を追加した。au史上最大の4000mAhバッテリーと128GBの内蔵メモリーを搭載、電池もちやストレージ容量を気にせず思う存分コンテンツを堪能できる。F値1・5の明るいレンズを搭載。周囲の明るさに合わせてレンズの絞りを自動調整する「デュアルアパチャー」を搭載することにより、時間帯を気にせずにいつでも美しく撮影が可能。さらに、カメラを向けるだけで花や食事など20種類にわたるシーンを自動で認識するシーン判別機能を搭載。あらゆる場面でシーンに最適な撮影が可能になった。
 「AQUOS sense2」は、18:9の縦長で見やすく持ちやすいIGZO液晶ディスプレイを搭載、約5・5インチの大画面でも幅約71㍉のスリムなサイズを実現。濡れた手でもタッチ操作が可能なため、お風呂やキッチンなど家事の合間にも快適に利用できる。メインカメラに、AIが最適な撮影モードを自動で選択する「AIオート」機能を搭載。温度や電圧などに応じて適切な充電制御が可能な「インテリジェントチャージ」によりバッテリーを長寿命化した。また、発売から2年間(最大2回) のAndroidの最新OSへのアップデートにより、常にベストな状態で長くご利用可能。
 「LG it」は、顧客の声に応え、au公式のスマホの使い方学習アプリ「auかんたんガイド」を制作、LG itにプリインストール。タッチ操作や文字入力の練習などの基本操作から、スマホならではの機能まで、楽しみながら学べる。約5・0インチ液晶ディスプレイながらも、約140㌘と軽く持ちやすいサイズ感。スマホ利用時に心配されることの多い「目の疲れ」の一因ともされる「ブルーライト」を低減する「コンフォートビュー機能」など、快適に使うための機能も搭載した。
 「INFOBAR xv」は、2003年10月の発売以来、今も愛される初代「INFOBAR」のプロダクトデザイナー深澤直人氏によるデザインと色を継承しつつ、フレームレスタイルキーを初めて実現。INFOBARらしいユニークな配色ながら、落ち着いたトーンで統一された3つのカラーを揃えた。初代INFOBAR・INFOBAR2と同一の高さ (約138㍉)を維持しながらも、約3・1インチのWVGA液晶ディスプレイ、約800万画素カメラ、テザリング機能、LINE、auの4G LTEケータイとしては初となる「+メッセージ」対応や「スマホ音声アシスタント呼出機能」など、15年分の進化を感じ取れる現代に相応しい機能・サービスを搭載した。

デジタル家電一覧へ  トップページへ